第6回 世田谷区芸術アワード“飛翔” 「若手アーティストを奨励・支援する5部門の芸術賞」

 

SePT_NEXT_GENERATION_vol13_A4_h1 300

 

世田谷区及び公益財団法人せたがや文化財団では、若手アーティストの多彩な文化・芸術活動の支援を目的に芸術賞「世田谷区芸術アワード“飛翔”」を実施します。世田谷のそれぞれの芸術分野の特性を活かし、<生活デザイン><舞台芸術><音楽><美術><文学>の5つの部門で募集します。受賞者には賞金を授与し、翌2020年度に、区内の施設等において作品等を発表していただきます。

本アワードは、文化振興を目的としてお寄せいただいた寄附金を活用し実施しています。
寄附金による支援の輪が、才能あふれる若手アーティストの活躍をバックアップし、文化・芸術の振興を支援しています。

 


募集分野:舞台芸術

世田谷パブリックシアターは、新しい才能を発見・育成するための事業「シアタートラム ネクスト・ジェネレーション」を実施しています。公募により選ばれた団体にはシアタートラムでの上演機会が提供されます。次代を担う舞台芸術のご応募をお待ちしています。Vol.13は「世田谷区芸術アワード」の「舞台芸術部門」として開催されます。

 

<応募資格>

下記の要件1)から4)をすべて満たす方。

1)     オリジナル作品を上演し、将来にわたって活動を継続していく意志のあるグループであること

2)     活動拠点(事務所の所在地、主宰者又は主な作家や演出家の住所)が東京近郊(一都六県)であること。

3)     グループ代表者が応募時に15歳以上40歳以下であること。

4) 「受賞記念公演」記載の条件のもとに、応募作品をシアタートラムで上演できること。

 

<応募方法>

下記の提出資料を「お問い合わせ・応募先」宛てに郵送してください。

 

<提出資料>(全て二部ずつご提出ください。)

1)    参加申込書
こちらからダウンロードしてください。

2)    公演企画書・演出プラン
A4 サイズ、形式自由。

3)    上演予定台本
A4サイズ、表紙にタイトル・団体名・作家名を記載、片面印刷、要ページ番号、未製本状態。台本がない場合は、作品の構成がわかるもの。新作・旧作は不問。

4)    団体の概要書
A4 サイズ、形式自由。

5)    映像資料(2部)
DVDは適切にチャプターを設定の上、必ずファイナライズし、他の機器でも再生できることを確認してください。上演予定作品の映像記録がある場合はそれを、ない場合は自分たちの特色と実力が発揮されている最近の映像資料を提出してください。

6)    その他、企画を補う資料
公演のチラシ、舞台写真、劇評など。ただし、上演予定作品以外の戯曲は提出不要。

 

<応募締切>

2019年8月12日(月・祝日)消印有効

 

<選考>

提出資料に基づき、「舞台芸術部門・外部審査員」による選考の後、下記「世田谷区芸術アワード審査会」が受賞者を決定します。

 

【舞台芸術部門・外部審査員】

岩松了

岩松了 BU

 

 

 

 

 

マキノノゾミ

SONY DSC

小野寺修二

08-1 小野寺修二 300

 

 

 

 

 

 

岩松了◎劇作家・演出家・俳優 長崎県出身。1980年代後半から劇作家、演出家として頭角をあらわし、1989年、『蒲団と達磨』で岸田國士戯曲賞、1993年紀伊國屋演劇賞、1998年『テレビ・デイズ』で読売文学賞、2018年『薄い桃色のかたまり』で鶴屋南北戯曲賞と、戯曲によって相次いで受賞を重ねている。1990年代からはテレビドラマや映画の脚本家・監督としても活躍。

マキノノゾミ◎劇作家・脚本家・演出家 静岡県出身。1984年に京都で劇団M.O.P.を結成し、2010年の解散まで主宰・劇作・演出を務める。『MOTHER』で芸術選奨文部大臣新人賞受賞、『赤シャツ』『黒いハンカチーフ』で紀伊國屋演劇賞個人賞、『怒濤』で読売演劇大賞優秀演出家賞・作品賞など受賞歴多数。テレビドラマの脚本も手がける。NPO劇場創造ネットワーク理事長。日本劇作家協会・副会長。

小野寺修二◎演出家 北海道出身。カンパニーデラシネラ主宰。日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。パフォーマンスシアター水と油にて活動。文化庁新進芸術家海外留学制度研修員として1年間渡仏。帰国後、カンパニーデラシネラを立ち上げ、マイムの動きをベースに台詞を取り入れた独自の演出で世代を超えて注目を集めている。第3回日本ダンスフォーラム賞受賞。第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。

 

【世田谷区芸術アワード審査会】

(公財)せたがや文化財団 理事長   永井多惠子

同    世田谷パブリックシアター芸術監督  野村萬斎

同    音楽事業部音楽監督        池辺晋一郎

同    世田谷美術館館長         酒井忠康

同    世田谷文学館館長         菅野昭正

同    世田谷区副区長          岡田篤

(順不同・敬称略)

 

●結果発表と通知

 応募者全員に対して2019年12月末までにお知らせします。

 

●受賞と表彰式

賞 金:舞台芸術部門 30万円
表彰式:全5部門の受賞者を対象に、2020年1月~2月に世田谷区内で開催します。

 

<受賞記念公演>

舞台芸術部門・受賞者は、「シアタートラム ネクスト・ジェネレーションvol.13」において、受賞作品を上演していただきます。

 ●公演の条件

 1)    実施期間と会場:2020年11月16日(月)~11月22日(日)シアタートラム
 ※ 上記実施期間には仕込み・リハーサル・本番を含みます。

 2)    1作品3回公演以上とすること。

 3)    劇場と調整の上、設定した入場料を徴収すること。

 4)    舞台・音響・照明・制作スタッフ、設営・撤去人員、上演当日の受付人員など、公演に必要な人員、
   および舞台装置や衣装などの道具類を自前で用意できること。
 ※   劇場側は、会場と附帯設備および公演時の場内案内係の提供、チケット販売・広報宣伝協力などを行います。

 

<留意事項>

1)    過去に「アワード飛翔」又は「ネクスト・ジェネレーション」を受賞もしくはシアタートラムで上演歴のあるグループは、選考対象外とさせて頂きます。
2)    提出資料等は返却できませんので、必ずコピーを提出してください。
3)    審査の内容および結果に関する質問はお受けできません。

 

<お問い合わせ・応募先>

世田谷パブリックシアター 劇場部「アワード係」
〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー5階
TEL 03-5432-1526(代表)     URL https://setagaya-pt.jp/

※シアタートラムの図面資料などは、右記URLからダウンロードできます。https://setagaya-pt.jp/about/tt/

 

 

<シアタートラム ネクスト・ジェネレーション 過去参加団体>

vol.1(2009)サスペンデッズ、toi、エビビモpro.

OR0901280001エビビモ058

 

vol.2(2010)快快、演劇ユニット G.com、FUKAIPRODUCE羽衣

 

vol.3(2011)文月堂、ミナモザ、インパラプレパラート

エビビモ058

 

vol.4(2012)世田谷シルク、演劇ユニット てがみ座

 

vol.5(2013)カムヰヤッセン、演劇集団 砂地

 

vol.6(2014)tamagoPLIN

 

vol.7(2015)趣向

 

vol.8(2016)開幕ペナントレース

 

vol.9(2017)泥棒対策ライト

 

vol.10(2018) to R mansion

 

vol.11(2018) らまのだ

朝礼シーンs s

 

 

 

 

 

vol.12(2019) 悪い芝居

 

※シアタートラム ネクスト・ジェネレーション vol.13チラシはこちら

お申込み
お申込み受付中