概要

前売券は「友の会会員先行」「せたがやアーツカード会員先行」「一般発売」ともに、電話およびオンラインのみでの受付となり、窓口での発売・発券はございません。
当日券の発売は、ページ下段の当日券情報ご確認ください。

なお上演にあたり世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、感染拡大予防のための取り組みを講じてまいります。


un_omote.jpg_600

 

新しい才能の発掘を目指す、“シアタートラム ネクスト・ジェネレーション”シリーズ・第13弾!

世田谷パブリックシアターによる、若い才能の発掘・育成のための事業“シアタートラム ネクスト・ジェネレーション”。
1年に1度、公募により選ばれた団体にシアタートラムでの上演機会を提供し、劇場がサポートを行います。これまで快快・FUKAIPRODUCE羽衣・ミナモザ・てがみ座・スズキ拓朗・泥棒対策ライト・悪い芝居など、現在演劇界で活躍中の多くの才能を輩出してきました。

13回目となる今回は、PANCETTA(パンチェッタ)が登場します。個性ある空間性、言葉の世界を持ち、多方面から注目を集めるアーティスト・一宮周平が企画、脚本、演出を行うパフォーマンスユニットです。

今回上演する“un”は、科学の発達により人間が排泄行為を必要としなくなった近未来を描いた物語。演劇とコントのはざまをいく、ライトでシュールでユーモアのある世界にぜひご注目ください。

 

<あらすじ>

我々人類は長い時間をかけて進化してきた。移動手段を手に入れ、出会ったこともない人とコミュニケーションを取ることが出来、自在に栄養を摂取し、安全な住処を持ち…。更なる発展のため日々を消化しているとも言えよう。今現在も進化し続けているのである。これは、今からそう遠くはない未来、食事と排泄の概念がなくなった人々の話である。

 

<一宮周平プロフィール>

パンチェッタ主宰 脚本、演出、俳優 1989年生まれ
人間の身体を駆使し、表現の可能性を示唆する。装置のない空間に存在する音・光・身体がつくり出す時間は、観る者の想像を喚起し独特の世界へと導く。また日本特有の文化、言葉を多彩に活用し、類を見ない表現を追求する。生でこそ価値のあるものづくりを念頭に面白さを追求し続けている。近年では、外部劇団の演出、ホテルにて朗読劇イベント演出、アートスペースにて客席を設けず移動式に観覧する公演、子ども向けの童話とクラシックのコンサートやワークショップなど、劇場内にとどまらず様々な空間での可能性を探求している。

若手演出家コンクール2016 次点
グリーンフェスタ2017 BASE THEATER賞(マグズサムズ「パパママ⭐︎サイバン」演出)
第9回せんがわ劇場演劇コンクール グランプリ、オーディエンス賞、俳優賞(2018)
若手演出家コンクール2018 最優秀賞、観客賞
第6回世田谷区芸術アワード「飛翔」舞台芸術部門

 

公式ホームページはこちら

パンチェッタ (Pancetta)b_400

PANCETTA過去公演写真

スタッフ/キャスト

【脚本・演出】一宮周平
【出演】佐藤竜 辻本耕志 中前夏来 原扶貴子 瞳 一宮周平

 

ネクジェネ_パンチェッタ様組写真バストアップ0911_400

 

【美術】根来美咲 【音響】竹下好幸 【照明】中佐真梨香(空間企画)
【舞台監督】橋本加奈子 吉村彩香 【演出助手】新行内啓太 
【デザイナー】齋藤俊輔 【絵】松本亮平 【音楽】加藤亜祐美 【制作】小泉沙百合

(※吉村の吉は「士」の部分が「土」の漢字)

初日コメント

第6回世田谷区芸術アワード”飛翔”舞台芸術部門受賞記念公演
シアタートラム ネクスト・ジェネレーション Vol.13
PANCETTA special performance “un” が11月19日(木)ついに幕を開けました!

公演初日を終えた、一宮周平(脚本・演出・出演)よりコメントを届けします。

 

◆一宮周平(脚本・演出・出演)

無事、初日が開けました。いつもならば、皆で酒を飲み交わしたいところではありますが、今回は我慢です。お客様に作品を見守ってもらうということが、改めて幸せなことだなと実感しております。

まだまだ始まったばかりで、酔いしれている場合ではありませんが。公演は日曜まで。あっという間です。明日は明日の作品になることでしょう。我々もみなさまと共に楽しみたいと思います。

ご来場、お待ち申し上げます。

当日券情報

窓口販売:開演の45分前より、シアタートラムロビーの当日券受付にて販売します。

※前売券は残席がある限り、前日までご予約を承ります。
・世田谷パブリックシアターチケットセンター
公演日前日19:00まで、電話(03-5432-1515)にて受付
・世田谷パブリックシアターオンラインチケット
公演日前日23:30まで受付

詳細は世田谷パブリックシアターチケットセンター(03-5432-1515)までお問い合わせください。

世田谷区芸術アワード「飛翔」について

世田谷区とせたがや文化財団によって創設された、文化・芸術分野で活躍する優秀な人材の育成を目的とした、「生活デザイン」「舞台芸術」「音楽」「美術」「文学」の5つの部門を対象にした芸術賞。
次代を担う将来性ある若手アーティストの創作活動を発掘・支援しています。

 


<第6回世田谷区芸術アワード「飛翔」 外部審査員評>


▼岩松 了(劇作家・演出家・俳優)

何が面白いと言って、例えば女二人が正体不明の男に、女1「あの、あなた何が見えますか?」と言って、男1が机だ、椅子だと言い、他にはと聞かれて「いい、お天気ですね」とこたえ、相槌を打つ女2に「雨が降るかもしれませんね」と言うと、頷いた女2の脇で女1が「見えてないわよ、私たちのこと」と言う。女2も「うん」と言う。この流れ。いや、劇性と言うべきか。人の精神に空白があるように、人を取り巻くこの世界にも見えざる空洞があるのだろう。いや、見えて然るべき、なのか?そんなことを感じさせてくれる戯曲『un』。もしやこれは戯曲を選考する企画ではないのかもしれないが、この段階で判断するのは戯曲しかない。上演されたものを観てガッカリしないとも限らないが(この手の作家は本が面白すぎて演出には不向きという場合がおうおうにしてあるものだ)、そんな不安を吹き飛ばす公演を期待したい。


▼マキノノゾミ(劇作家・脚本家・演出家)
戯曲および舞台表現のそれぞれには、まだ突出した部分が少なく不満も感じたが、全体的なバランスが良く、まとまりがある点を評価した。押し付け感のない軽やかなバカバカしさと独特の乾いたユーモアのセンスは、彼らの個性であり、最大の武器であると思う。
応募作が、これまでのような短篇コントのオムニバスではなく、長編作品となっている意欲も買う。
近未来を設定する戯曲はよくあるが、「科学の発達により人間が排泄行為を必要としなくなった世界」というのは、なかなか類を見ない発想のセンスである。
これからの伸びしろの大きな集団であると思う。


▼小野寺修二(演出家)
今回は、シアタートラムで自分が観たいもの、その団体の可能性について考えながら参加させていただきました。その中で『パンチェッタ』に興味惹かれました。断片を繋ぎ、物語としていく、最小の道具で美術とするなど、共感できる瞬間が多くありました。新作では、断片の繋ぎではなく物語を語るとのこと。テキストも隙間を感じさせる、観客に想像を促すものでした。スタイルを踏襲しつつ、どう発展するのか?可能性と期待を感じます。ぐっと大きくなる空間でのチャレンジを是非観てみたい!そう思いました。

シアタートラム ネクスト・ジェネレーション 過去受賞者一覧

vol.1 (2008年度) サスペンデッズ/toi/エビビモpro.
vol.2 (2009年度) 快快 / 演劇ユニット G.com/FUKAIPRODUCE羽衣
vol.3 (2010年度) 文月堂/ミナモザ/インパラプレパラート
vol.4 (2011年度) 世田谷シルク/演劇ユニット てがみ座
vol.5 (2012年度)カムヰヤッセン/演劇集団 砂地
vol.6 (2013年度) tamagoPLIN
vol.7 (2014年度) 趣向
vol.8 (2015年度) 開幕ペナントレース
vol.9 (2016年度) 泥棒対策ライト
vol.10(2017年度) to R mansion
vol.11(2018年度) らまのだ
vol.12(2019年度) 悪い芝居

 

ネクジェネ過去参加団体_

vol.6 tamagoPLIN        vol.8 開幕ペナントレース     vol.12 悪い芝居

ご来場のお客様へ

世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、十分な安全対策を行い、館内の衛生管理につとめております。
お客様の安全な観劇のため、感染予防対策にご協力をお願いします。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当日会場にてご本人確認を行う場合もございます。

Sept_corona_A4_shusai_0924_400

「ご来場のお客様へ」「劇場内でのお願い」PDFダウンロードはこちら

2020年9月24日更新


◆本公演の上演時間は約90分(休憩なし)です。

◆終演後はアンケートのご回答にご協力をお願いいたします。
https://setagaya-pt.jp/news/questionnaire.html

 

配席について(2020.10.2更新)

本公演は、世田谷区の区主催イベントへの収容率制限緩和をうけ、客席は前後左右1席空けた座席配置ではなく100%以下で販売をします。

舞台と客席の間は余裕をもった配置にしております。ご理解の上、お買い求めいただきますようお願い申し上げます。

 

転売行為の禁止について

営利を目的とした入場券の転売は、いかなる場合にも固くお断りいたします。
お客様に公平にチケットをご購入いただけますよう、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

過去の公演におきまして、転売されたチケットをお持ちのお客様にはご入場をお断りしたケースもございます。
今後もご本人確認を行うことがございます。その際、このような行為・チケットを確認した場合にはご入場をお断りさせていただきます。

あらかじめご了承ください。

メディア情報

▼初日コメント・レビューなど
11/26(木) 産経ニュース 劇評
11/20(金) ステージナタリー 初日コメント、舞台写真
11/20(金) SPICE 初日コメント、舞台写真
11/20(金) おけぴ 初日コメント、舞台写真
11/20(金) ぴあ 初日コメント、舞台写真

▼インタビュー
11/18(水) ステージナタリー 一宮周平・辻本耕志・原扶貴子 インタビュー
11/17(火) SPICE 一宮周平 インタビュー
10/11(水) エンタメターミナル 一宮周平 コメント

舞台写真

no images were found

公演日程表

◎=ポストトークあり
11月19日(木)19:30 一宮周平(作・演出) マキノ ノゾミ(劇作家・演出家・第6回世田谷区芸術アワード”飛翔”外部審査員)
11月20日(金)19:30 一宮周平(作・演出) 岩松了(劇作家・演出家・第6回世田谷区芸術アワード”飛翔”外部審査員)
11月21日(土)18:00 一宮周平(作・演出) 野村萬斎(世田谷パブリックシアター芸術監督)
※開催回のチケットをお持ちの方がご参加いただけます。

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,200円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

ご利用希望日の前日の19時まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、お座席でご観劇になる場合も、スムーズにお席にご案内させていただきますので、予め劇場までご連絡ください。