概要

 

撮影:山崎伸康

宣伝美術:秋澤一彰 宣伝写真:山崎伸康

 

二人芝居の決定版、演劇界を震撼させた衝撃の問題作
『建築家とアッシリア皇帝』がシアタートラムに登場

 

世田谷パブリックシアターでは2022年11~12月、シアタートラムで二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』を上演いたします。本作は8~9月に上演する『毛皮のヴィーナス』に続き、「トラム、二人芝居」と称し、新進の演出家と、魅力あふれる実力派のキャスト陣とのタッグでお送りする、二人芝居企画の第二弾です。

演出はシアタートラム初登場となる生田みゆきです。不条理劇と評される本作を、残酷で倒錯的な世界を夢想とユーモアを織り交ぜて描き出した作品であると語り、生田ならではのフレッシュで斬新な視点で演出に挑みます。
出演は岡本健一成河。 演劇界で縦横無尽に鮮烈な活躍を続ける2人の役者の、夢の競演が実現しました。

このフレッシュかつ強力なコンビの布陣でお届けする『建築家とアッシリア皇帝』に是非ご期待下さい。

 

新星・生田みゆきがシアタートラムで初演出

本作の演出に挑むのは、シアタートラム初登場の生田みゆきです。16年に文学座座員に昇格後、17年アトリエの会『鳩に水をやる』で文学座初演出を手掛けたほか、国際演劇協会の「紛争地域から生まれた演劇」の演出や、今年3月に上演した『オロイカソング』等の各小劇場で魅せる実験的な取り組みが評価を得、また、さいたま芸術劇場7月公演「ジャンル・クロスⅡ<近藤良平×松井周>『導かれるように間違う』」では演出補を務めるなど、これからの益々の活躍が期待される演出家です。世田谷パブリックシアターでは、岡本健一、成河が出演した主催公演「約束の血」4部作『森 フォレ』(21年)で演出助手として参加。8代に渡る壮大な血の物語を描くに辺り、緻密に描き出す演出:上村聡史のもとで作品づくりを支え、岡本、成河からの信頼も得た生田が、フレッシュで斬新な感性を生かし、アラバールの名作に挑みます。

 

現実と非現実が混在する孤島を舞台に
岡本健一、成河が対峙

絶海の孤島に現れる皇帝役は岡本健一、孤島に先住していた唯一の人物・建築家役は成河が演じます。

共に演出経験もあり、戯曲を深く読み込み、体現するクリエイションに定評のある2人。近作では世田谷パブリックシアター主催「約束の血」4部作『森 フォレ』(21年、上村聡史演出) で共演しました。俳優として互いに認め、尊敬の念を抱きあう岡本と成河が、三度目の共演となる二人芝居において、ついに一対一で対峙します。

その鍛え抜かれたフィジカルな側面も生かしながら、「ごっこ遊び」さながらに、恋人役や母親役、時には動物にも扮しながら、次々と現実と虚構の間を往き来して、人間の根源的な欲望に迫るハードな応酬を繰り広げていきます。岡本健一と成河という俳優だからこそ表現できるに違いない、圧巻の二人芝居に、是非ご期待下さい。

 

ストーリー

“なんでもいいから俺に奇跡を見せてくれ、お前の存在を感じたいんだ”

絶海の孤島に墜落した飛行機から現れた男は自らを皇帝(岡本健一)と名乗り、島に先住する一人の男を建築家(成河)と名付けて、近代文明の洗礼と教育を施そうとする。お互いの存在を求め合いながらも、ぶつかりあう二人。そのうち二人は、いろいろな人物の役を演じはじめ、心の底にある欲望、愛憎、そして罪の意識をあからさまに語り出す。その行為はやがて衝撃的な結末を生みだすきっかけになっていく……。

 

 


★SNS情報★
トラム、二人芝居『毛皮のヴィーナス』『建築家とアッシリア皇帝』公式Twitter
@tram_2022

世田谷パブリックシアター公式Twitter
 @SetagayaTheatre


◆生田みゆき コメント

『建築家とアッシリア皇帝』を初めて読んだのは数年前のことですが、たくさんの要素が詰め込まれた膨大な台詞に面喰らったり、母親に対する異常なまでの愛憎に一女性として戸惑ったりしつつも、演劇という表現に託して何かをしつこく描き出そうとする作家の途轍もないエネルギーにとにかく圧倒されたことを覚えています。このエネルギーが、作家が幼少期に経験したスペイン内戦に深く根差していることは多くの方が指摘されていますが、その悲しみや憤りが少し実感をもって私に迫ってきたのは、今年2月のロシアによるウクライナへの軍事侵攻以降でした。

連日様々なメディアを通して伝わってくる戦地の惨状と各国の対応。ある日を境に突然日常が崩壊し死が迫る不条理に怒りを覚えつつも、正義と悪という風に極めて単純化された構図の報道や、西側諸国のウクライナに対する手厚い支援から垣間見える無意識の人種差別に対する疑問なども浮かんできました。そんな中で戯曲を改めて読みなおしたときに、演出の道筋がおぼろげながらも見えてきたように思えました。これまで実験精神や開拓心のある作品を数々送り出してきたシアタートラムで、客席と一体感のある空間や、この戯曲の中に散りばめられた遊びの要素を最大限に生かしながら、より良き未来を目指す人類の矛盾と葛藤を、赤裸々に描き出せたらと目論んでいます。

そして岡本健一さんと成河さんは、そんなハードな挑戦にユーモアを忘れずに果敢に飛び込んでくださる素晴らしい舞台人だと感じています。「皇帝」を名乗る男は、尊大であると同時に卑屈でもあるという振幅の大きなキャラクターです。岡本さんの少年のような自由さと好奇心そして正直さが、どのような表現となって立ち上がるのかとても楽しみです。そしてその皇帝を受け止める「建築家」は、いつも作品の細部まできちんと把握したうえで相手役のすべてを受け入れて、自分もどんどん飛躍される成河さん。「二人芝居」という、人間同士の関係が最もシンプルな形で構成されている戯曲ですが、「ごっこ遊び」を利用してその関係はどんどん変化します。演出者としては、岡本さんと成河さんが持っていらっしゃる強靭な声と身体を駆使して遊び倒せる空間を準備し、今こそ上演する意義のある作品を創りたいと思います。劇場でしか体感できない生の身体を、是非お楽しみください。

 

 ◆岡本健一 コメント

この作品を2022年11月・12月に上演するということに、私は心を躍らせています。
躍らせているとともに、感傷的に陥ったり、攻撃的な感情が高鳴ってきたり、支離滅裂な思いをひとつひとつに細かく細分化したり、そして何よりも成河との二人芝居であることに、全く予想のつかない事件性のある過激で愛に溢れた物語になるのだと思います。
登場人物が、どんな喋り方をするのか、どんな気持ちで時間が進んで行くのか、私自身がどのような姿になっていくのか、何も決められない、決めてはいけないような作品な気がします。
演出の生田さんが、ごく普通のマトモな人間とは言えない私達二人を何処に導いてくれるのかも予想がつきません。

演劇はLIVEなのだと思います。
今までに自分が関わってきた演劇の中で、こんなにも凄まじい戯曲は初めてです。
あらゆる枠を超えてしまっている、今の私達でしか成り得ない自由で演劇ならではの二人芝居。

是非、シアタートラムという冒険心が豊かで濃密な劇場で体感して下さい。
要必見です。

 

◆成河 コメント

ありそうでなさそうな奇妙な設定、色鮮やかな演劇ごっこみたいな楽しさが散りばめられていたかと思ったら、明確な近代文明批判を繰り広げたり、突如としてドロドロの人間心理の闇に落ちていったり。とにかく読み解くのに相当なエネルギーのいる作品です。これを「不条理演劇」とひとことで言い表すのは現代としてはやはりそぐわない、今からおよそ60年前の先鋭の娯楽、思想というのはともすれば古びたものに感じてしまう、その難しさも感じています。この戯曲を現代に開いていくのはとても大きな挑戦であり、大冒険です。僕が強く惹かれるのは、アラバールが筆を打ち付けるようにして書いた、言外の雑多なエネルギーです。言葉で説明出来るものを優に超えたところにある、強い執念のようなもの。それを現代の感覚でどこまで具体的に掴めるか、そういう挑戦になると思います。掴んで、開く。その作業を岡本健一さん、生田みゆきさんと、こだわりにこだわりにこだわり抜いて、やってみようと思います。大冒険です。

スタッフ/キャスト

【作】フェルナンド・アラバール 
【翻訳】田ノ口誠悟 
【上演台本・演出】

生田みゆき

【出演】

岡本健一     成河

【美術】堀尾幸男 
【照明】横原由祐 
【音響】藤平美保子 
【衣裳】宮本宣子 
【ヘアメイク】林みゆき 
【アクション】渥美博 
【演出助手】田丸一宏 
【舞台監督】澁谷壽久 
【技術監督】熊谷明人
【プロダクションマネージャー】勝康隆

【制作】法月智美 田辺千絵美 佐々木裕子 
【プロデューサー】浅田聡子

【芸術監督】白井晃

【宣伝美術】秋澤一彰 
【宣伝写真】山崎伸康
【宣伝スタイリスト】スド=キョ=コ 
【宣伝ヘアメイク】林みゆき

メディア情報

▼インタビュー
9/29(木)アクトガイド 岡本健一 成河 インタビュー
9/17(土)ぴあアプリ 岡本健一 成河 インタビュー(後編)
9/16(金)ぴあアプリ 岡本健一 成河 インタビュー(前編)
9/15(木)SPICE 生田みゆき 岡本健一 成河 インタビュー
9/1(木)ステージぴあ 岡本健一 成河 インタビュー
6/17(金)ステージナタリー 生田みゆき 岡本健一 成河 コメント

▼テレビ・ラジオ出演
9/18(日)TOKYO FM 特別番組「眠りにつく前に」 岡本健一 出演

ご来場のお客様へ

世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、十分な安全対策を行い、館内の衛生管理につとめております。
お客様の安全な観劇のため、感染予防対策にご協力をお願いします。

Sept_corona_A4_shusai_0924_400

「ご来場のお客様へ」「劇場内でのお願い」PDFダウンロードはこちら 

転売行為の禁止について

営利を目的とした入場券の転売は、いかなる場合にも固くお断りいたします。
お客様に公平にチケットをご購入いただけますよう、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

過去の公演におきまして、転売されたチケットをお持ちのお客様にはご入場をお断りしたケースもございます。
今後もご本人確認を行うことがございます。その際、このような行為・チケットを確認した場合にはご入場をお断りさせていただきます。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当日会場にてご本人確認を行う場合もございます。
あらかじめご了承ください。

 

動画

公演日程表

◎=終演後ポストトークあり
登壇予定者 11月25日(金)19時 生田みゆき、白井晃(世田谷パブリックシアター芸術監督)
                11月30日(水)14時 生田みゆき、岡本健一、成河
                  12月8日(木)14時 岡本健一、成河、白井晃(世田谷パブリックシアター芸術監督)ほか
      ※開催回のチケットをお持ちの方がご参加いただけます
○=貸切公演

△=記録用収録のため客席にカメラが入ります

聞こえにくい方のための音声サポート(要事前申込・無料)
音声が聞き取りにくい方に、当日劇場ロビーにてイヤホンをお貸出しいたします。ご観劇日の3日前までにお申込みください。
お問合せ・お申込み:
お問合せフォームはこちら TEL 03-5432-1526  FAX 03-5432-1559

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,200円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。