概要

アイルランドの劇作家・脚本家エンダ・ウォルシュによる戯曲『バリーターク』を、
白井晃演出により日本初演。

 

共に“創造型公共劇場”として、数多くの話題作を企画・上演しているKAAT神奈川芸術劇場と世田谷パブリックシアター。両者による初の共同制作作品『バリーターク』を、KAAT神奈川芸術劇場芸術監督・白井晃の演出で上演します。
同時代の“鬼才”海外作家の作品を数多く演出してきた白井が今回あらたに挑むのは、アイルランド生まれの劇作家・脚本家エンダ・ウォルシュの世界です。近年では、映画「ONCE ダブリンの街角で」舞台版でのトニー賞ミュージカル脚本賞受賞や、デヴィッド・ボウイの遺作のミュージカル『LAZARUS』の脚本執筆などでもさらにその名を広めました。『バリーターク』は、ウォルシュのユニークな才能がつめこまれた14年初演作です。
ある部屋で、日常的な営みを繰り返し、バリータークという村の話を語りつづける2人の男、そして、その2人の奇妙な生活に大きく関与する第3の男。これら3人の男を、草彅剛、松尾諭、小林勝也という個性溢れる俳優陣で上演します。
「僕にとっての演劇は、世界を鏡に映すだけでなく、ゴミ箱のふたをとって中を見ること」――と語るエンダ・ウォルシュ。白井晃×草彅剛×松尾諭×小林勝也による、これまで見たこともない演劇を、1秒たりとも見逃すことなく、体験してください。

 

ストーリー
広い部屋。
そこに2人の男がいる。
彼らは目覚まし時計の音で起き、80’sの音楽を聞きながら、
部屋をかけまわって着替えて食べて踊ってフィットネスをして、
バリータークという村の話を語る。
ふたりはだれか。
どこにいるのか。
そして壁の向こうには何があるのか?

 

スタッフ/キャスト

【作】エンダ・ウォルシュ 【翻訳】小宮山智津子 
【演出】白井晃

kaat_1682_顔のみ_110×150

白井晃

 

 

 

 

 

 

 

【美術】 松井るみ  【照明】 齋藤茂男  【音響】 井上正弘 
【衣裳】 高木阿友子 【ヘアメイク】 佐藤裕子  【演出助手】 石内詠子 
【舞台監督】 足立充章 山口英峰

 

【出演】草彅剛 松尾諭 小林勝也
    佐野仁香/筧礼(ダブルキャスト)

アー写 ヨリ_上半身大110×150

草彅剛

matsuo_110px×150

松尾諭

小林勝也_110px

小林勝也

 

 

 

 

 

 

 

制作発表/コメント

bt4shot02(small)_450
2018年2月7日、KAAT神奈川芸術劇場と世田谷パブリックシアターの共同制作作品『バリーターク』の上演を発表し、KAATにて制作発表会を行いました。
KAAT芸術監督であり本作の演出を務める白井晃さん、出演の草彅剛さん、松尾諭さん、小林勝也さんのコメントをお届けいたします。

 

 

【ご登壇者コメント】

DZ8A2951(small)_150

 

 

 

 

 

 

 

▼演出・白井晃さん(KAAT神奈川芸術劇場 芸術監督)

世田谷パブリックシアターとKAAT神奈川芸術劇場の共同制作として『バリーターク』の上演が実現し、大変喜ばしく思っております。公共劇場同士が一緒に作品を制作することにより、作品も、観客との出会いも広がっていくのではないか、なんとか実現させたいという思いが、世田谷パブリックシアター芸術監督の野村萬斎さんも僕もずっとありました。
エンダ・ウォルシュはアイルランド出身の作家で、その土壌がつくる不思議な感覚がこの作品にはあります。台本に「男1」「男2」と書かれたふたりが永遠に会話をして日常生活を繰り返していく、ベケットを思い起させるような世界観なのですが、真剣なんだけれども喜劇性もあり、日常のなかにいても日常感がない男2人として、私がこの戯曲を初めて読んだときに浮かんだ理想のイメージが草彅剛さん、松尾諭さんでした。そしてそこに現れる第3の男として、尊敬する先輩である小林勝也さんにお願いしたいと思っていました。それが叶い、こんなに嬉しいことはありません。
一見どこの世界で何を話しているんだろうという不思議な物語ですが、そこから観客の皆さん、“目撃者”の皆さんに「われわれはなぜ生きているのか」という、現代に通じる普遍性を感じてもらえればと思っています。

 

DZ8A3119(small)_150草彅

 

 

 

 

 

 

 

▼草彅剛さん

白井(晃)さんにお声がけいただいて、松尾(諭)さんと小林(勝也)さんと3人でお芝居ができることになりました。僕自身も久しぶりの舞台なのですが、また新しい自分を表現することができる作品だと思っています。
この作品には普遍的な生や死が描かれていることは感覚的に理解できて、今まで自分がやったことのないような舞台だと、はじめて台本を読んだときに感じました。とても興味が尽きない内容です。海外の作品で、難しさもあるのですが、それもまた楽しみたい。新しい自分を発見するといった、成長にもつながるのでしょうか。未知なる自分を追い求めて、舞台に立ちたいと思います。

 

DZ8A3063s_150松尾

 

 

 

 

 

 

 

▼松尾諭さん

このお話をいただいたときは、びっくりしました。端のほうでワーワーやっているのが性に合っているタイプだと思っていたのですが、今回は真ん中のほうで台詞も多く、身体もすごく動かして、大変なことがたくさんあると思います。それも含めて楽しみでいっぱいです。
台本を読んだときは、一読目はちんぷんかんぷん、2回目はもっと分からなくなって、3回目は……まだ読んでいません(笑)。ただこの作品は観る側と演じる側で余白を埋めていける舞台だと思います。これから自分自身がもっとこの作品に向き合って、どんどん膨らんで面白くなっていく、それが、とても楽しみです。

 

DZ8A3081(small)_150小林

 

 

 

 

 

 

 

▼小林勝也さん

私が芝居を始めたころは、劇団に所属するとその劇団の芝居しか出られなかったのですが、このようにさまざまなプロデュース公演や公共劇場ができて、才能ある作家や演出家、スタッフ、役者と出会える世の中になり、ここまでやってきて良かったな、と思っています。
これまでわかりづらかったり、変わっていたり、やってみないとわからないという作品にずいぶん出会いましたが、今回はその最高位だと思います。だから、ちょっといつもの芝居よりも緊張しております。新しい作品、新しいメンバーと、これからの新たな自分自身の可能性を探して、3人で仲よく、激しく、厳しくやろうと思っています。

 

『バリーターク』は2018年4月14日(土)~5月6日(日)KAAT神奈川芸術劇場<大スタジオ>、5月12日(土)~6月3日(日)世田谷パブリックシアター、6月16日(土)・17日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールにて上演いたします。どうぞご期待ください。

撮影:宮川舞子

神奈川公演/兵庫公演

★神奈川公演
KAAT  神奈川芸術劇場 HP
会場:KAAT  神奈川芸術劇場<大スタジオ> 
2018/4/14(土)~5/6(日) ※4/14(土)、15(日)はプレビュー公演
[チケット取扱い・詳細] チケットかながわ 0570-015-415(10:00-18:00)

★兵庫公演
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
6/16(土)18:00 ・ 17日(日)12:00/17:00
[チケット取扱い・詳細] 芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(10:00-17:00/月曜休み ※祝日の場合翌日)

公演日程表

◇4月14日(土)~5月6日(日) KAAT  神奈川芸術劇場<大スタジオ>  http://www.kaat.jp/
●5月12日(土)~6月3日(日) シアタートラム
★=プレビュー公演
■=視覚障害者のための舞台説明会あり(劇場まで要申込み・無料、本公演のチケットをお持ちの方対象)詳細は後日


聞こえにくい方のための音声サポート(要事前申込み・無料)
※シアタートラム公演のみ
音声が聞こえにくい方に、当日劇場ロビーにてイヤホンをお貸出しいたします。
申込み・お問合せ:チケットをご購入後、ご観劇日の3日前までに劇場へお申込みください。
世田谷パブリックシアターTel:03-5432-1526/Fax:03-5432-1559/support@setagaya-pt.jp