概要

フィリップ・リドリー(作)×白井晃(演出) 本邦初演の新作は、 不思議でブラックなコメディー !
シアタートラムで、高橋一生、吉高由里子、キムラ緑子が仕掛ける、 刺激的な三人芝居 !

 

イギリスの劇作家フィリップ・リドリーによる『レディエント・バーミン Radiant Vermin』が、2016年7月、シアタートラムにて日本初演を迎えます。

 P.リドリー作×白井晃演出作品が世田谷パブリックシアター/シアタートラムにて上演されるのは、『ピッチフォーク・ディズニー』(2002年)、『宇宙でいちばん速い時計』(2003年)、『ガラスの葉』(2010年)、そして『マーキュリー・ファー』(2015年2月)に続き5作目です。過去作品はいずれも斬新な劇場空間と、衝撃的な演出で高い評価と話題を呼びました。極限状況の世界の中にある普遍的な家族の姿、愛の物語を描いた、最近作『マーキュリー・ファー』では、寓話的でありながら現在の世界情勢をも連想させる世界観、人間の本質に鋭く迫る描写が大きなインパクトを与えました。そして兄弟を演じた高橋一生、瀬戸康史ほか出演者の熱演も相まって作品は評判を呼び、連日大盛況の中、閉幕しました。現在、日本でリドリー戯曲の演出を手掛ける唯一の演出家であり、その作品哲学に多大な影響を受けたと公言する白井が、心強い出演陣を新たに得て、本邦初演作に挑みます。

 『レディエント・バーミン』の出演者は3名。舞台や映像でその実力をいかんなく発揮する高橋一生と、若手女優の筆頭・吉高由里子が、理想の家を探すオリーとジルという若夫婦を演じます。そして、彼らの前に現れる謎めいた家の仲介人、ミス・ディーには、ベテラン女優のキムラ緑子が登場。高橋一生は過去、白井の創り上げる劇世界を見事に体現し、白井の厚い信頼を得ています。吉高由里子は舞台2作目にして翻訳劇初挑戦となります。白井晃の演出を受けるのは初めてですが、白井は吉高の感性を高く評価しており、俳優の息遣いまでもダイレクトに伝わる客席数約200の濃密な空間で、彼女の新境地を目撃できるに違いありません。そして、作品ごとに印象を塗り変えていく幅広い演技力を誇る名女優・キムラ緑子も、白井作品に初出演します。

 期待が膨らむ刺激的な顔合わせで送る、本邦初演の、不思議でブラックなコメディー。ぜひご期待ください。

 

 ストーリー
オリーとジル、20代後半の夫婦がいる。彼らは自分たちの「家」の話を始める。
1年半前、彼らはまだボロ家に住んでいた。ある日突然、ミス・ディーと名乗る家の仲介者から「夢の家を差し上げます」という手紙が舞い込む。浮浪者がうろつく荒れ野原に立つ古びた家。
2人が偶然に知った夢の家の残酷な秘密!
瞬く間にその秘密の虜になった2人は次々と家を不思議な“光”とともに豪華にし、荒れ野原をリッチなお洒落タウンへと変貌させる。人々はささやく。「あんなにいた浮浪者はどこへ行ったの?」と…
「レディエント・バーミン」、直訳すると“輝く害虫”とは、いったい何を意味するのか…

*Radiant(レディエント)=光る、輝く Vermin(バーミン)=害虫、社会のくず、などという意味。

スタッフ/キャスト

【作】  フィリップ・リドリー
【翻訳】  小宮山智津子
【演出】  白井晃

白井

 

 

 

 

 

 

【出演】 高橋一生 吉高由里子 キムラ緑子

高橋吉高キムラ

【美術】 松井るみ
【照明】 齋藤茂男
【音響】 井上正弘
【衣裳】 高木阿友子
【ヘアメイク】 佐藤裕子
【演出助手】 石内詠子
【舞台監督】 田中直明

メディア情報

5/19(木)omoshii mag vol.5 白井晃、高橋一生インタビュー
5/9(月) TOKYO HEADLINE Vol.666 吉高由里子インタビュー
4/28(木) MORE 6月号 高橋一生インタビュー
4/18(月) fabulous act Vol.6  高橋一生インタビュー
3/26(土) STAGE navi 高橋一生インタビュー

トラムシート発売

好評につき、一般発売と同時にトラムシートを販売いたします。
トラムシートは座席ではなく、客席最後部の壁に備え付けられたバーに寄り掛かれる半お立見のスペースです。通常の座席とは異なりますので、ご了承のうえ、お求めください。

料金: トラムシート 6,000円

発売日: 5/22(日)10:00~

トラムシート チケット取扱い:
世田谷パブリックシアターチケットセンター
03-5432-1515(10:00~19:00 年末年始を除く)

世田谷パブリックシアター オンラインチケット
http://setagaya-pt.jp/ (PC)
http://setagaya-pt.jp/m/(携帯)

コメント

白井晃
フィリップ・リドリーの作品を世田谷パブリックシアター/シアタートラムで上演するのは本作で5度目になります。2002年に上演した最初の作品からすっかりリドリーの魅力にとりつかれたのですが、時を経て、彼が描く作品がより切実味をもって私たちに迫ってきていると感じています。本作はこれまでの作劇法とは違う、新しい部分もありながらも、人間の本質を鋭く突き付けるような作品です。最初に読ませていただいた時に、大きなショックと感動を受け、リドリー作品を演出してきた者として、これは今すぐに上演しなければいけないと、一種義務感のような思いが湧いてきました。信頼をしている高橋一生さん、そして初めてご一緒する、とてもチャーミングで魅力的な吉高由里子さん、素晴らしいベテラン女優のキムラ緑子さんとともに創る世界を、ぜひ体感していただけたらと思います。

 

高橋一生
フィリップ・リドリーと白井さんの作品に出演させていただくのは二度目、白井さんとはもう四度目となります。僕は白井さんとお仕事をさせていただくことをライフワークにしていきたいと思っていますので、また白井さんの所に戻って来られる嬉しさが今、何よりもまず先行しています。また吉高さん、キムラさん、初めて共演させていただく方たちと一緒ですので、その喜びと楽しみだけで稽古前までは過ごせそうです。前作『マーキュリー・ファー』は予言書のような作品で、作品が現実とリンクしていく様を目の当たりにするという生まれて初めての体験をしました。今回もきっと面白いものができると僕は確信しています。

 

吉高由里子
去年の2月に白井さんが演出をされた舞台『マーキュリー・ファー』を見させて頂きました。自分の身体の中が異常に興奮した事を今も覚えています。その時は、まさか自分がフィリップ・リドリー作品に出るなんてことは思いもしていなかったので、生きていると何が起こるかわからないなぁと改めて感じています。
この度、私の大好きな作家さんの作品と大好きな演出家さんと尊敬している役者さんに没頭できる機会を頂きました。その期間と出会いを、とても楽しみに大切にしていきたいと思います。

 

キムラ緑子
白井晃さん、高橋一生さん、吉高由里子さん、私にとって初めての方ばかりです。そして同時代の劇作家が書いた翻訳劇への出演、またシアタートラムの舞台に立つことも久しぶりですので、とても新鮮な気持ちで挑ませていただくことができそうです。一筋縄ではいかない戯曲の中で、高橋さん吉高さん演じる夫婦と相対する一筋縄ではいかない役を演じますので、白井さんや皆さんと沢山対話をし、稽古を積み重ねながら、濃密な芝居を皆さんにお届けできたらと思います。

 

ツアー情報

兵庫公演 
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
日時:2016年8月3日(水)13:30/18:30 4日(木)13:30
お問合せ:芸術文化センターチケットオフィス 
 TEL  0798-68-0255(10:00~17:00  月曜休/祝日の場合翌日)

動画

公演日程表

■=視覚障害者のための舞台説明会あり(劇場まで要申込み・無料、本公演のチケットをお持ちの方対象)
詳細はこちらから

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,000円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせて頂きます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

ご利用希望日の前日の19時まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、お座席でご観劇になる場合も、スムーズにお席にご案内させていただきますので、予め劇場までご連絡ください。