『実践例から学ぶフォーラム・シアター』
~SPTラボラトリー≪オープンラボ2019≫

SPT_LAB_catch_open_0421フォーラム・シアターは、演劇を通じて問題を共有し、討論し対話する手法です。課題を知り、経験を共有し、知恵を出し合いながら「現実を変えるためのレッスン」を行う共同作業の場をひらくことを目的とします。提唱者のアウグスト・ボアールは、「被抑圧者の演劇」と名付けられた思想と技法の体系を考案し、演劇による社会への働きかけを追求しました。彼の「被抑圧者の演劇」の様々な技法のなかでも根幹をなすのがフォーラム・シアターです。

今回のレクチャーでは、フォーラム・シアターの実践を積み重ねている花崎攝さんに国内外の実践例を紹介していただきながら、フォーラム・シアターが今の日本社会でどのような可能性を持つのか、来てくださったみなさんと話しあう時間をもちます。演劇によって社会問題を探ることに関心のある方、ぜひご参加ください。

 

※このトークは≪演劇WSラボ≫「フォーラム・シアター実践ゼミ」の一部を一般にもひらいた形で公開いたします。

お申込み
『実践例から学ぶフォーラム・シアター』
~SPTラボラトリー≪オープンラボ2019≫
2019年6月22日(土)13時~15時
日程 『実践例から学ぶフォーラム・シアター』
2019年6月22日(土)13時~15時
講師 花崎攝(シアタープラクティショナー)
企業組合演劇デザインギルド所属。劇団黒テントを経て、近年はワークショップをベースにしたプロジェクトの企画、進行、構成演出等を中心に国内外で活動している。障害のある人たちとの活動も多く「みなせた」、「みんなでワークショップ」などを継続中。「コーディリエラの環境を考える演劇ワークショップ」など、アジアを中心に海外プロジェクトも精力的に行っている。武蔵野美術大学、日本大学芸術学部演劇学科非常勤講師。
会場 世田谷パブリックシアター稽古場
参加費 1,000円
募集人数 15名程度
※先着順に受付いたします。定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
申込み方法 申込みフォームよりお申込みください。
お問合せ 世田谷パブリックシアター学芸 03‐5432‐1526(10:00~19:00)
備考 [主催]公益財団法人せたがや文化財団
[企画制作]世田谷パブリックシアター
[後援]世田谷区
[協賛]東レ株式会社
申込時のお願い事項 お申込みいただいた時点で、以下の項目に同意くださったものといたします。ご確認ください。
◆お申込み時にお預かりした個人情報は(公財)せたがや文化財団個人情報保護方針により管理いたします。
◆WS・レクチャー中に取材・撮影が入る場合や、非営利目的の広報物・出版物等の使用を目的にスタッフが写真・動画の撮影をする場合があります。
◆WS・レクチャー中の写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
◆お申込み時の必要事項は正確にご記入ください。
◆WS・レクチャー中にけがをされた際、主催者側に過失のある場合は加入している保険の範囲内で補償します。
◆WS・レクチャー中に他の参加者への迷惑行為などがあった場合はご退出いただく場合があります。