≪演劇WSラボ2018≫研究員募集!
~SPTラボラトリー

SPTラボラトリーとは

世田谷パブリックシアターは2011年より「SPTワークショップラボ」を実施してきましたが、このたび「SPTラボラトリー」と装いを変え、あらたに演劇と社会の関係について思考/実験する場を立ち上げることにしました。さまざまな視点をもつ人が出会い、対話しながら、新たな価値やアイデアを生み出すヒントを探っていきます。

2018年度のSPTラボラトリーは、

①   どなたでも参加できる単発プログラム≪オープンラボ≫ ※現在、募集中のプログラムはこちら

②   研究員の方を対象にした年間プログラム≪演劇WSラボ2018≫ ※当ページにて研究員募集中

の2つを始動します。

20180620161218-0001トリミング450

お申込み
≪演劇WSラボ2018≫研究員
活動期間 2018年6月30日~2019年3月31日
内容 演劇ワークショップについて考えたり、試したり、実践する「演劇WSラボ2018」研究員を募集します。既に進行役を担っている方から、最近興味を持った方まで、さまざまな経験を持つ研究員たちが、互いの関心や悩みを持ち寄り、演劇ワークショップのこれからを考えていく場にしていきたいと思っています。ご応募お待ちしています。

活動内容は研究員の興味関心によって変動しますが、世田谷パブリックシアターの学校訪問ワークショップ見学、自主ゼミナール、レクチャー、世田谷パブリックシアター契約進行役による研修会、交流会などを計画中です。
活動毎の定員に応じて、その都度、参加者を研究員の中から募集します。

<既に決まっている活動>
(1)キックオフミーティング
≪演劇WSラボ2018≫の活動説明と研究員の顔合わせをおこないます。終了後には交流会(任意・実費)を予定しています。
日程:6月30日(土)18時~20時
参加費:無料


(2)研修会「演劇ワークショップ構成案作成ゼミ」
ワークショップから作品づくりをしていくためには、どのような構成や進行が必要なのでしょうか。このゼミではワークショップの進行案をつくれるようになることを目的として、実際に進行案を作成し、ゼミ内で試してみます。
日程:①7月7日(土)②7月18日(水)③9月19日(水)④10月17日(水)⑤11月21日(水)
   ①は13時~17時、②~⑤は19時~21時
参加費:2,500円(全5回分)
担当:すずきこーた(世田谷パブリックシアター契約進行役/演劇デザインギルド)
進行役からのメッセージ:
ワークショップで行われるシアターゲーム(ワーク)は、知りあうこと、自分を見つめること、他者の意見を尊重する場をつくること、表現するための心と身体の準備運動、参加者の表現方法を広げていくことなどの役割がありますが、「演劇をつくる」ことからは切り離されていることが多いように思います。この研修会では参加者自身の思いを演劇にするためにシアターゲームがあるという前提のもと、どのような時に、どのようなゲームを進行していくか(場をつくっていくか)を考えていきます。
活動場所 世田谷パブリックシアター稽古場ほか
会費 無料 ※活動の際は、別途参加費がかかる場合があります。
応募条件 18歳以上の、演劇ワークショップについて関心を持ち、試みたいことや挑戦したいことがある方。演劇ワークショップを自身の専門として深めていきたい方(進行役、コーディネーター、研究者など関わり方は問いません)。E-mailを使用したやりとりが取れる方。
募集人数 20名程度 ※応募内容による選考あり。結果は全員にご連絡いたします。
締切 6月26日(火)12:00
申込み方法 申込みフォームより下記ご記入のうえご応募ください。
①名前 ②ふりがな ③メールアドレス ④電話番号 ⑤住所 ⑥年齢 ⑦所属・肩書き ⑧応募の動機 ⑨演劇やWSにまつわる活動紹介 ⑩今後どのように演劇やWSに関わっていきたいか ⑪「キックオフミーティング」出席の可否⑫研修会「演劇ワークショップ構成案作成ゼミ」参加希望の有無
お問合せ 世田谷パブリックシアター学芸 03‐5432‐1526
備考 [主催]公益財団法人せたがや文化財団
[後援]世田谷区
[協賛]東レ株式会社
申込時のお願い事項 お申込みいただいた時点で、以下の項目に同意くださったものといたします。ご確認ください。
◆お申込み時にお預かりした個人情報は(公財)せたがや文化財団個人情報保護方針により管理いたします。
◆WS・レクチャー中に取材・撮影が入る場合や、非営利目的の広報物・出版物等の使用を目的にスタッフが写真・動画の撮影をする場合があります。
◆WS・レクチャー中の写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
◆お申込み時の必要事項は正確にご記入ください。
◆WS・レクチャー中にけがをされた際、主催者側に過失のある場合は加入している保険の範囲内で補償します。
◆WS・レクチャー中に他の参加者への迷惑行為などがあった場合はご退出いただく場合があります。