概要

kinema_senden0202_big_450

撮影:西村裕介


ケラリーノ・サンドロヴィッチが描くロマンティック・コメディ

2016年度の各演劇賞を受賞した『キネマと恋人』が待望の再演!

2016年に初演し、連日観る人を温かい気持ちに包み込んだ『キネマと恋人』が、2019年6月待望の再演を果たします。演劇界を代表する演出家、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)を初め、オリジナル・キャスト、スタッフはそのままに、会場はシアタートラムから世田谷パブリックシアターに移して、またあの夢に溢れた世界が戻ってきます。

 

本作について 
本作は、傑作を生み出し続けるアメリカ人映画監督ウディ・アレンの映画「カイロの紫のバラ」(1985年製作、86年日本公開)にインスパイアされた作品です。KERA版では、1930年代の日本、架空の「梟(ふくろう)島(じま)」の港町に舞台を置き換え、登場人物たちは架空の方言を話します。
30年代の日本は、政治・経済・文化のどの領域でも、世界恐慌の煽りを受けていた激動の時代であり、大正ロマンの残滓と昭和モダンが花開いた時期です。庶民の娯楽の座を占め始めていた映画は、まさに市井の人々の心のオアシスでありました。そんな時代背景を踏まえて、銀幕の俳優への女性の淡い恋心をめぐる騒動を、KERAならではのファンタジックでビターなコメディに仕立てます。

 

あらすじ
1930年代、東京から半年遅れて映画が上演される、梟島の小さな映画館が舞台。ハルコにとって映画は生き甲斐。ある日いつものように映画を観ていると、銀幕から寅蔵が話しかけてきて―――

 

初演時記録
【公演日程】 2016年11月15日(火)~12月4日(日)

【会場】 シアタートラム

【受賞】
第4回 ハヤカワ「悲劇喜劇」賞
第51回 紀伊國屋演劇賞 個人賞(台本・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
第68回 読売文学賞 戯曲・シナリオ賞(台本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ)

【初演時の劇評より】

「舞台芸術の粋を集めての、群を抜いたテクニックの作品。転換に次ぐ転換まで美しく細かく、しかもその上位に役者と物語が常に切なさを伴って存在し続ける。――こんな奇跡を味わえるのはKERAと同時代に生きている者の喜び」いとうせいこう

「ウディ・アレン監督の映画「カイロの紫のバラ」のストーリーを踏襲しながら本家超えを果たした、可笑しくて淋しくて、可笑しくて感動的で、可笑しくて泣ける、素晴らしい、素晴らしい素晴らしいステージになっている。」豊﨑由美 『悲劇喜劇』2017年5月号

「映画と演劇が蜜月関係を結び、狂騒的な傑作喜劇が生まれた。」河野孝  産経新聞 2016年11月26日付

「劇作家ケラリーノ・サンドロヴィッチが、お気に入りのウディ・アレン監督の映画「カイロの紫のバラ」の設定を、1930年代半ばの日本の小さな島に置き換えて台本を書き、自ら演出。誰もが愛さずにはいられない一本を作った。」読売新聞 2016年11月29日付より抜粋

(無断転載不可)

スタッフ/キャスト

【台本・演出】 ケラリーノ・サンドロヴィッチ

【出演】
妻夫木聡   緒川たまき

ともさかりえ

三上市朗 佐藤誓   橋本淳
尾方宣久 廣川三憲 村岡希美

崎山莉奈 王下貴司 仁科幸 北川結 片山敦郎

 

妻夫木聡

緒川たまき

 

 

 

 

 

ともさかりえ

 

 

 

 

 

三上市朗

佐藤誓

橋本淳

 

 

 

 

 

尾方宣久

廣川三憲

村岡希美

崎山莉奈

王下貴司

仁科 幸

北川 結

片山敦郎

                                    (撮影:江森康之)

【映像監修】 上田大樹
【振付】 小野寺修二
【音楽】 鈴木光介
【美術】 二村周作
【照明】 関口裕二
【音響】 水越佳一
【衣装】 伊藤佐智子
【ヘアメイク】 宮内宏明

初日コメント

『キネマと恋人』 開幕!

台本・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ、出演者の妻夫木聡・緒川たまき・ともさかりえより、本公演初日(6/8)を終えた心境について、コメントが届きました。

 

◆ケラリーノ・サンドロヴィッチ (台本・演出)
今日は作品のファンのお客さんが多い印象でしたね。1幕が終わって暗転した途端に拍手が来たり、「待ってたよ」という声が聞こえるような客席でした。ここまで再演を待たれていた感の強い再演の初日は初めてで、とても嬉しかったです。
俳優たちは初演より深く人物を演じてくれていて、格段に「深化」 したものになっていると思います。それから初演の時には気付かなかったけれど、作品上の太平洋戦争前の世相と今の時代に呼応するところが多い気がする。それもあって、初演時よりも「現実世界の辛さ」がより響くようになっているのではないかと。つくり物の世界に憧れるって切ないけれど、自分もこういう仕事をしている人間だから、やっぱり創作の世界に助けられているし、もちろんこの『キネマと恋人』にも助けられていると思います。
ダンサーを含めキャスト全員が島の世界観をつくりあげてくれて、スタッフ含めみんなとつくれた作品だと思います。特に映像の上田(大樹)君と振付の小野寺(修二)君は、この作品ならではの付き合い方をしてくれました。仕事量もハンパじゃない。
僕の他の作品と比べるとこんなに間口の広い作品はない。これからもずっと、こうした親切な作品を何年かに一遍作れると思われちゃたまらない(笑)ので、「これを観てもらわないと!」と思います。毎回「今回で最後かもしれない」と思いながらつくっているので、是非楽しみに観に来てほしいです。

 

◆妻夫木聡 (高木高助<俳優>/間坂寅蔵<映画の登場人物>)
初日を終えて、やっぱり演劇はお客さんのものだなと感じました。特にこの作品は、舞台に立っている時、お客さんとの間に本当に強い一体感があるんです。客席もステージの一部の様に感情移入できて、みんなが寅蔵を好きになって、みんながハルコの気持ちになって、幸せで終わってほしいけど、人生ってそんな甘くはないよね、それでも生きてかなきゃいけないよね、というようなほろ苦さも残しつつ、ファンタジーみたいにどこか別の世界に連れて行ってくれる、「夢なら覚めないで」っていう言葉がぴったりの、稀有な作品だと思います。そんな舞台に関われてとても幸せです。まだ始まったばかりで、当日券もありますので、一回と言わず何回でも、色々な方に、寅蔵やハルコたちに会いに来てほしいと思います。

 

◆緒川たまき (森口ハルコ)
初日が終わりました。再演の機会をいただいて、キャスト・スタッフ、みんなで力を合わせて、とにかく大事に大事に思いながら稽古してきました。いよいよ本日、お待ちいただいているお客様に見ていただけたわけですが、やはりお客様はあったかい、この場所に帰ってこれた、と感じました。この作品の魅力は、いろいろな登場人物がでてくるのですが、誰かしらに感情移入していただける、というところなんじゃないかと思います。これからご覧になるお客様には、例えば、どういう作品内容なのか分からないまま見に行った映画が、面白かったという体験のように、この作品もただ席に座ってただ見ていただけるだけで…。きっといつの間にか、ハルコさんが映画の世界に惹かれるように、この舞台作品の世界に入っていただけるんじゃないかと思っております。

 

◆ともさかりえ(ミチル役 ほか)
お客様が温かく迎えてくださって、無事に幕が開いてほっとしています。みなさんが待っていてくれていたのが伝わってきてすごく幸せな初日になりました。
どんな世代の方にもこんなふうに愛していただける作品もなかなか無いと思います。ファンタジーですが実は生々しいものを含んでいるところもこの作品の魅力で、私がメインで演じているミチルも一見突飛なように見えますが彼女なりのいろんな理屈や信念を持っているキャラクターです。他にも様々な役を演じているので毎公演、毎公演、新鮮な気持ちで演じられたらいいなと思っています。今回ラッキーなことに再演をすることができました。ぜひ劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです。

 

前方座席形状変更および一部座席振替のお知らせ

舞台『キネマと恋人』のチケットをご購入いただきまして誠にありがとうございます。

『キネマと恋人』公演開幕にむけて舞台リハーサルを重ねていく中で、見づらい場面が発生していることがわかりました。演出意図を損ねることなく、お客様には作品をより深くご堪能いただけるよう、前方座席形状の変更および一部座席の座席振替を行うこととさせていただきました。

 

●新しい座席形状に関しまして、こちらをご参照ください。

 

●一部座席振替に関しまして、下記座席番号のチケットをお持ちのお客様は、当日劇場入口向かって右側にありますチケット受付にて、新しい席番のチケットに交換させていただきます。

1階C列10番、11番
1階C列22番、23番
1階F列4番、5番
1階G列4番、5番
1階H列3番
1階I列3番

上記10席の席番のみの座席振替となっております。
その他、上記座席番号を含む連番でご購入されたお客様など、座席振替に関するお問い合わせは、世田谷パブリックシアターチケットセンター03-5432-1515(10:00~19:00)までお願いいたします。

該当されるお客様には多大なるご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
何卒ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

当日券情報

下記の方法で、各公演日の前日に「当日券購入整理番号」の電話受付を行います。

 

■受付電話番号:03-5432-1570 (世田谷パブリックシアターチケットセンター『キネマと恋人』当日券専用ダイヤル) 【各公演日の前日 昼12:00~15:00】
※間違い電話にご注意ください。
■枚数制限:お1人様2枚まで(1回の通話で1公演分のみのご予約とさせていただきます)
※高校生以下料金以外の各種割引チケット、車いすスペースの販売はございません。
※受付は先着順です。予定枚数に達した時点で受付を終了、引き続きキャンセル待ち整理番号の受付を行います。
※2枚でご予約の場合、お席は離れる場合もございます。また席種が分かれる場合もございます。席種の指定はできません。
※指定席が終了次第、補助席、お立見のご案内になります。
補助席は、指定席とは形状が異なります。(背もたれあり/肘掛なし/座面は薄いクッション張り)
お立見は、一部の場面が見づらい場合がございます。

 

【当日券購入整理番号を予約された方へ】
● 公演当日の開演1時間前に「世田谷パブリックシアター劇場入口(キャロットタワー3F)」にお集まりいただき、整理番号順にお並びください。
●開演1時間前の点呼時に不在の場合は、「当日券購入列」の最後尾にお並びいただきます。
●開演20分前までに不在の場合は、整理番号は無効となり「キャンセル待ち列」の最後尾にお並びいただきます。ご購入いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

【キャンセル待ち整理番号を予約された方へ】
●公演当日の開演20分前に「世田谷パブリックシアター劇場入口(キャロットタワー3F)」にお集まりいただき、整理番号順にお並びください。
●開演20分前の点呼時に不在の場合は、「キャンセル待ち列」の最後尾にお並びいただきます。
●キャンセルチケットが出た場合のみの販売となります。ご購入いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

【注意事項】
① 整理番号は当日券購入の為にお並びいただく順番の番号です。整理番号を予約されたご本人が、集合時間にお集まりください。同伴者の方のみいらしても、チケットはお求めいただけません。
② ご予約された方のご本人確認を行いますので、身分証明書をご提示ください。
名義欄手書き不可、コピー不可。必ず原本をお持ちください。
③ 座席番号は公演当日、劇場でご購入いただく際のご案内になります。席種・座席位置の指定は出来ません。2枚ご予約の場合、お席が離れる場合もございます。
④ 指定席が終了次第、補助席、お立見のご案内になります。
補助席は、指定席とは形状が異なります。(背もたれあり/肘掛なし/座面は薄いクッション張り)
お立見は、一部の場面が見づらい場合がございます。
⑤ お支払いは、現金のみとなります。
⑥ 販売予定数はお問合せいただきましてもお答えできません。

転売行為の禁止について

当劇場開催の一部公演につきまして、チケットの転売行為を確認しております。
過去の公演におきまして、転売されたチケットをお持ちのお客様にはご入場をお断りしたケースもございます。
今後もご本人確認を行うことがございます。その際、このような行為・チケットを確認した場合にはご入場をお断りさせていただきます。
営利を目的とした入場券の転売は、いかなる場合にも固くお断りいたします。
お客様に公平にチケットをご購入いただけますよう、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

メディア情報

▼初日コメント・レビューなど
6/27(木) ステージスクエア vol.39 公演レポート
6/19(水) エンタステージ 公演レポート
6/16(日) 演劇キック 公演レポート
6/11(火) おけぴ 開幕レポート・初日コメント
6/10(月) エントレ 開幕レポート・初日コメント
6/10(月) エンタステージ 開幕レポート・初日コメント
6/10(月) e+SPICE 開幕レポート・初日コメント
6/10(月) ステージナタリー 開幕レポート・初日コメント

▼TV出演
5/31(金) あさイチ プレミアムトーク 妻夫木聡ゲスト出演(NHK)

▼インタビュー・公演紹介など
6/7(金) omoshii 橋本淳インタビュー
5/30(木) 朝日新聞 夕刊 緒川たまきインタビュー
5/29(水) anan 6月5日号 妻夫木聡インタビュー
5/7(火) e+SPICE 橋本淳インタビュー
5/1(水・祝) 家庭画報 6月号 妻夫木聡インタビュー
4/30(火) THEATER View FUKUOKA 5・6月号 妻夫木聡インタビュー
4/27(土) B-PASS 6月号 橋本淳インタビュー
4/27(土) STAGE SQUARE vol.38 橋本淳インタビュー
4/19(金) Numero TOKYO 妻夫木聡インタビュー
4/11(木) ぴあニュース 妻夫木聡インタビュー

追加公演

■追加公演日程:
6/12(水)13:00、6/15(土)18:00

■チケット発売開始:
友の会先行日:5/11(土)10:00~
一般追加発売日:5/12(日)10:00~
※発売初日は窓口販売なし。

■料金:
一般 S席・S席(注釈付)・補助席 7,800円/A席・A席(注釈付) 4,800円
高校生以下 S席・S席(注釈付)・補助席 3,900円/A席・A席(注釈付) 2,400円
U24 S席・S席(注釈付)・補助席 3,900円/A席・A席(注釈付) 2,400円
友の会会員割引 S席・S席(注釈付)・補助席 7,500円
せたがやアーツカード会員割引 S席・S席(注釈付)・補助席 7,600円

※注釈付席は、落下防止の手すりが視界に入る可能性がございます。
※補助席は、指定席とは椅子の形状が異なります。(背もたれあり/肘掛なし/座面は薄いクッション張り)
※注釈付席・補助席発売後に、追加席や当日券で指定席が販売される可能性があります。
※高校生以下は世田谷パブリックシアターチケットセンター電話予約&店頭のみ取扱い、購入時要証明書提示。

■チケット取扱い:
世田谷パブリックシアターチケットセンター
03-5432-1515(10:00~19:00)

世田谷パブリクシアター オンラインチケット
https://setagaya-pt.jp/ (PC・スマホ)
https://setagaya-pt.jp/m/(携帯 ※5/15(水)午前1:00まで使用可能)

注釈付席・補助席追加発売

■対象公演:全公演

■チケット発売開始:
一般追加発売日:5/12(日)10:00~
※発売初日は窓口販売なし。

■料金:注釈付席・補助席とも同料金
一般 S席・S席(注釈付)・補助席 7,800円/A席・A席(注釈付) 4,800円
高校生以下 S席・S席(注釈付)・補助席 3,900円/A席・A席(注釈付) 2,400円
U24 S席・S席(注釈付)・補助席 3,900円/A席・A席(注釈付) 2,400円
友の会会員割引 S席・S席(注釈付)・補助席 7,500円
せたがやアーツカード会員割引 S席・S席(注釈付)・補助席 7,600円

※注釈付席は、落下防止の手すりが視界に入る可能性がございます。
※補助席は、指定席とは椅子の形状が異なります。(背もたれあり/肘掛なし/座面は薄いクッション張り)
※注釈付席・補助席発売後に、追加席や当日券で指定席が販売される可能性があります。
※高校生以下は世田谷パブリックシアターチケットセンター電話予約&店頭のみ取扱い、購入時要証明書提示。

■チケット取扱い:
世田谷パブリックシアターチケットセンター
03-5432-1515(10:00~19:00)

世田谷パブリクシアター オンラインチケット
https://setagaya-pt.jp/ (PC・スマホ)
https://setagaya-pt.jp/m/(携帯 ※5/15(水)午前1:00まで使用可能)

ツアー情報

★北九州公演  
会場:北九州芸術劇場 中劇場 
日時:6月28日(金)~30日(日)

★兵庫公演    
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
日時:7月3日(水)~ 7日(日)

★名古屋公演   
会場:名古屋市芸術創造センター
日時:7月12日(金)~ 15日(月・祝)

★盛岡公演     
会場:盛岡劇場 メインホール 
日時:7月20日(土)~ 21日(日)

★新潟公演  
会場:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場 
日時:7月26日(金)~ 28日(日)

初演(2016年度)DVD 好評発売中

商品名
世田谷パブリックシアター + KERA・MAP ♯007
『キネマと恋人』DVD

2016年、シアタートラムでの初演時の模様を台本・演出のケラリーノ・サンドロヴィッチ自ら監修のもとDVD化

料金
6,000円 + 消費税
※初回限定 劇中曲CD付

商品番号
SCN0006


「世田谷パブリックシアター オンラインショップ」にて発売中

動画

舞台写真

no images were found

公演日程表

◆=収録のため客席内にカメラが入ります。

■=視覚障害者のための舞台説明会(劇場まで要申込み・無料、本公演のチケットをお持ちの方対象)詳細はこちら

◇=追加公演

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,000円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

ご利用希望日の前日の19時まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、お座席でご観劇になる場合も、スムーズにお席にご案内させていただきますので、予め劇場までご連絡ください。