概要

kinema_senden0202_big_450
ケラリーノ・サンドロヴィッチが描くロマンティック・コメディ

2016年度の各演劇賞を受賞した『キネマと恋人』が待望の再演!

2016年に初演し、連日観る人を温かい気持ちに包み込んだ『キネマと恋人』が、2019年6月待望の再演を果たします。演劇界を代表する演出家、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)を初め、オリジナル・キャスト、スタッフはそのままに、会場はシアタートラムから世田谷パブリックシアターに移して、またあの夢に溢れた世界が戻ってきます。

 

本作について 
本作は、傑作を生み出し続けるアメリカ人映画監督ウディ・アレンの映画「カイロの紫のバラ」(1985年製作、86年日本公開)にインスパイアされた作品です。KERA版では、1930年代の日本、架空の「梟(ふくろう)島(じま)」の港町に舞台を置き換え、登場人物たちは架空の方言を話します。
30年代の日本は、政治・経済・文化のどの領域でも、世界恐慌の煽りを受けていた激動の時代であり、大正ロマンの残滓と昭和モダンが花開いた時期です。庶民の娯楽の座を占め始めていた映画は、まさに市井の人々の心のオアシスでありました。そんな時代背景を踏まえて、銀幕の俳優への女性の淡い恋心をめぐる騒動を、KERAならではのファンタジックでビターなコメディに仕立てます。

 

あらすじ
1930年代、東京から半年遅れて映画が上演される、梟島の小さな映画館が舞台。ハルコにとって映画は生き甲斐。ある日いつものように映画を観ていると、銀幕から寅蔵が話しかけてきて―――

 

初演時記録
【公演日程】 2016年11月15日(火)~12月4日(日)

【会場】 シアタートラム

【受賞】
第4回 ハヤカワ「悲劇喜劇」賞
第51回 紀伊國屋演劇賞 個人賞(台本・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
第68回 読売文学賞 戯曲・シナリオ賞(台本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ)

【初演時の劇評より】

「舞台芸術の粋を集めての、群を抜いたテクニックの作品。転換に次ぐ転換まで美しく細かく、しかもその上位に役者と物語が常に切なさを伴って存在し続ける。――こんな奇跡を味わえるのはKERAと同時代に生きている者の喜び」いとうせいこう

「ウディ・アレン監督の映画「カイロの紫のバラ」のストーリーを踏襲しながら本家超えを果たした、可笑しくて淋しくて、可笑しくて感動的で、可笑しくて泣ける、素晴らしい、素晴らしい素晴らしいステージになっている。」豊﨑由美 『悲劇喜劇』2017年5月号

「映画と演劇が蜜月関係を結び、狂騒的な傑作喜劇が生まれた。」河野孝  産経新聞 2016年11月26日付

「劇作家ケラリーノ・サンドロヴィッチが、お気に入りのウディ・アレン監督の映画「カイロの紫のバラ」の設定を、1930年代半ばの日本の小さな島に置き換えて台本を書き、自ら演出。誰もが愛さずにはいられない一本を作った。」読売新聞 2016年11月29日付より抜粋

(無断転載不可)

スタッフ/キャスト

【台本・演出】 ケラリーノ・サンドロヴィッチ

【出演】
妻夫木聡   緒川たまき

ともさかりえ

三上市朗 佐藤誓   橋本淳
尾方宣久 廣川三憲 村岡希美

崎山莉奈 王下貴司 仁科幸 北川結 片山敦郎

 

妻夫木聡

緒川たまき

 

 

 

 

 

ともさかりえ

 

 

 

 

 

三上市朗

佐藤誓

橋本淳

 

 

 

 

 

尾方宣久

廣川三憲

村岡希美

崎山莉奈

王下貴司

仁科 幸

北川 結

片山敦郎

                                    (撮影:江森康之)

【映像監修】 上田大樹
【振付】 小野寺修二
【音楽】 鈴木光介
【美術】 二村周作
【照明】 関口裕二
【音響】 水越佳一
【衣装】 伊藤佐智子
【ヘアメイク】 宮内宏明

ツアー情報

★北九州公演  
会場:北九州芸術劇場 中劇場 
日時:6月28日(金)~30日(日)

★兵庫公演    
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
日時:7月3日(水)~ 7日(日)

★名古屋公演   
会場:名古屋市芸術創造センター
日時:7月12日(金)~ 15日(月・祝)

★盛岡公演     
会場:盛岡劇場 メインホール 
日時:7月20日(土)~ 21日(日)

★新潟公演  
会場:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場 
日時:7月26日(金)~ 28日(日)

初演(2016年度)DVD 好評発売中

商品名
世田谷パブリックシアター + KERA・MAP ♯007
『キネマと恋人』DVD

2016年、シアタートラムでの初演時の模様を台本・演出のケラリーノ・サンドロヴィッチ自ら監修のもとDVD化

料金
6,000円 + 消費税
※初回限定 劇中曲CD付

商品番号
SCN0006


「世田谷パブリックシアター オンラインショップ」にて発売中

動画

舞台写真

no images were found

公演日程表

◆=収録のため客席内にカメラが入ります。

■=視覚障害者のための舞台説明会(要事前申込・無料)
6/22(土)13時の開演前に、舞台装置や衣裳など視覚に頼らなければわかりづらい場面をご説明いたします。
本公演のチケットをお持ちの方が対象。 
お問合せ・お申込み:03-5432-1526、support@setagaya-pt.jp