概要

 

日本の舞台芸術界を牽引する4人の芸術監督が集結
公共劇場の未来、芸術監督の果たす役割について語る

 

世田谷パブリックシアターは1997年の開場当初より、現代演劇・舞踊を中心とする作品創造・上演、地域の住民・団体との連携や参加による学芸事業の2つを軸として活動をしてまいりました。

開場から25周年を迎え、2022(令和4)年4月1日には演出家・俳優の白井晃氏を新芸術監督として迎え、新たなスタートを切ります。

新芸術監督の就任を記念し、現在、芸術監督として活躍されている、またこれから新芸術監督として活躍を期待される方々をお招きし、芸術監督同士の対話を通じて、公共劇場における芸術監督の役割について考えていきます。進行役は世田谷パブリックシアター主催公演に数多く出演し、登壇者4名の演出作品にも参加経験、また今後参加予定がある俳優・成河が務めます。

観客の皆様とともに、舞台芸術の未来、劇場の新たなる可能性を探る場となることを目指します。また新たな節目を迎える世田谷パブリックシアターの今後の歩みに注目し、期待を高めていただく機会とします。

 


◆白井晃 メッセージ

公共劇場の芸術監督の役割が、今、改めて問われています。劇場法の施行から10年が経ち、その間、公共劇場の活動の強化が謳われてきました。しかしながら、いまだに芸術監督の仕事と意味合いが明確化されていないのが現状と言わざるを得ません。果たして、日本の公共劇場に芸術監督は必要なのか、必要であるならば、何をすべきなのか。そもそも、芸術監督とは何をするべき存在なのか。

国、県、区と立場の異なる劇場の芸術監督が一堂に会し、自分達が抱えている課題や問題、成果と今後の展望を忌憚なく語り合い、意見交換できる場になればと思っています。これは、日本の公共劇場の未来を考えるミーティング。芸術監督の生の声を文化芸術に携わる皆さんのみならず、いつも劇場に足を運んでくださるお客様にも、是非お聞きいただければと思います。

スタッフ/キャスト

【登壇者】白井晃(世田谷パブリックシアター新芸術監督)
     小川絵梨子(新国立劇場演劇芸術監督)
     近藤良平(彩の国さいたま芸術劇場新芸術監督)
     長塚圭史(KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【進行役】成河

チケット追加受付・当日券情報

下記のとおり、チケットの追加受付が決定いたしました。また、当日券についても以下の方法で受付いたします。

 

【チケット追加受付情報】
受付開始日:4/16(土)10:00~
受付方法:初日は世田谷パブリックシアターオンラインチケットのみ受付。
     翌日以降残席がある場合、電話でも取扱い。
     ※窓口での発売・発券はございません

【当日券情報】
1.電話予約
当日朝10:00~開演の2時間前まで世田谷パブリックシアターチケットセンター(電話03-5432-1515)にて承ります。

2.劇場窓口
開演の60分前より、世田谷パブリックシアター劇場入口の当日券受付 にて先着順にて受付します。電話予約をされた方が優先となりますので、お越しいただいてもお席をご用意できない場合もございます。あらかじめご了承ください。

※当日券は、見切れ席・補助席のご案内になる場合もございます。見切れ席は舞台上の一部が見づらい場合がございますのでご了承ください。補助席は、指定席とは形状が異なります。(背もたれあり/肘掛なし/座面は薄いクッション張り)

4人の芸術監督が、芸術監督の本音をざっくばらんに語り合う4劇場合同のトーク企画 期間限定配信中!

新国立劇場・彩の国さいたま芸術劇場・世田谷パブリックシアター・KAAT神奈川芸術劇場では、より多くの皆様に芸術監督の仕事について知っていただき、舞台芸術の面白さ・劇場の魅力をお届けするための合同配信企画を企画。現在、芸術監督として活躍をしている、またこの4月、新たに芸術監督に就任した4名が集結し、芸術監督の仕事についてあれこれと語り合いました。その模様を、各劇場公式HP・Youtubeチャンネルにて期間限定で配信中です。

芸術監督が日ごろどのようなことを考えて仕事をしているのか、ここでしか聞くことができない、芸術監督同士だからこそ語れる悩みや本音のトークをお楽しみください。

【視聴は こちら

※本動画の公開は7月31日(日)までを予定しています。
※本配信は、4月19日(火)開催「世田谷パブリックシアター新芸術監督就任イベントー公共劇場における芸術監督の役割を考える―」とは異なる企画です。

 


 

4人の芸術監督が集まって話し合ってみた~芸術監督ってどんな仕事?~

【出演】小川絵梨子(新国立劇場演劇芸術監督)
    近藤良平(彩の国さいたま芸術劇場芸術監督)
      白井晃(世田谷パブリックシアター芸術監督)  
      長塚圭史(KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)

【進行役】大堀久美子

【配信期間】2022年5月16日(月)12 :00~2022年7月31日(日)  

【公開サイト】世田谷パブリックシアター公式Youtubeチャンネルは こちら
※世田谷パブリックシアター公式Youtubeチャンネルほか、新国立劇場/彩の国さいたま芸術劇場/KAAT神奈川芸術劇場の公式HP・Youtubeチャンネルで公開中(動画内容は全て同じです)。

【主催・企画制作】
新国立劇場/彩の国さいたま芸術劇場/世田谷パブリックシアター/KAAT神奈川芸術劇場 

メディア情報

▼レポート・公演紹介など
4/28(木)毎日新聞 夕刊
4/27(水)日本経済新聞 夕刊
4/26(火)読売新聞 夕刊
4/23(土)ステージナタリー

ご来場のお客様へ

世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、十分な安全対策を行い、館内の衛生管理につとめております。
お客様の安全な観劇のため、感染予防対策にご協力をお願いします。

Sept_corona_A4_shusai_0924_400

「ご来場のお客様へ」「劇場内でのお願い」PDFダウンロードはこちら

 

公演日程表

△=記録用収録のため客席にカメラが入ります

聞こえにくい方のための音声サポート(要事前申込・無料)
音声が聞き取りにくい方に、当日劇場ロビーにてイヤホンをお貸出しいたします。ご観劇日の3日前までにお申込みください。
お問合せ・お申込み:
お問合せフォームはこちら TEL 03-5432-1526  FAX 03-5432-1559

手話通訳のご案内(要事前申込・無料)
本イベントは舞台の下手端(舞台に向かって左)に手話通訳が立ち、通訳を行います。聴覚に障害があり舞台に近い席をご希望の場合は、前日19:00までに以下お問合せフォーム、又は電話03-5432-1526、ファックス 03-5432-1559よりお問合せください。
(フォームもしくはファックスでお申し込みの際は、お名前、よみがな、住所、メールアドレス、電話番号、ファックス、チケット予約の有無を記載の上、お送りください。)

お問合せ・お申込:
お問合せフォームはこちら TEL 03-5432-1526 FAX 03-5432-1559