概要

劇場へなかなか足を運ぶことができない方々に気軽に演劇を楽しんでいただこうと、世田谷パブリックシアターがおこなっている、あっとホーム公演。地域に暮らす人たちのもとへ劇を運ぶ、移動劇場です。

2010年にスタートしてから、毎年、区内の高齢者施設や障害者施設で上演してきましたが、コロナの影響で、2020年は予定していた公演が中止となり、2021年もかなわず。かわりに映像作品を作ってDVDをお届けしました。
今も状況はまだまだ、なかなか、ですが、また公演を見ていただけるようになった時のために、気軽に、安心して楽しんでいただけるような、コンパクトな公演『ちょこっとチャーリー』を用意し、2月にデイホームさん一か所で試演をさせていただきました。施設の利用者さんと俳優たちが向かいあって、生で公演をするのは、2年半ぶり。「楽しかった」「感動した」といううれしい声をいただきました。

今年度は、『ちょこっとチャーリー』で少しずつ、あっとホーム公演を再開していきます。
あわせて、まだ受入れができない施設さんも多いので、お楽しみDVDも製作し、施設の中で楽しんでいただこうとすすめています。

『ちょこっとチャーリー』ストーリー
ひさしぶりに、みなさんに会える! 
あやつり人形チャーリーはうれしくて、いろんな芸を用意しました。
みごと拍手かっさいとなりますか。ぜひ、見て、笑って、応援してください!

 


コメント

『ちょこっとチャーリー』によせて ノゾエ征爾

2010年から、毎年欠かさず続けていたこと。
アジサイの咲く頃に、毎年必ずおこなっていたこと。
それは、あの人に会うということ。
「あの人」は、個人ではありません。
たくさんの「あの人」です。
僕らの演劇を観て、目を覚ましたり、笑ったり、泣いたり、怒ったり、一緒に歌ったり、茶化したり、眠ったり、また来てね!と言ってくれたりする、「あの人」「あの人」「あの人」です。
大きな劇場での大群衆の客席には絶対にない、
ここにしかない、かけがえのない、お一人お一人との交わり。
僕らと「あの人」が出会うと、いろんな「気持ち」が発生した。
とてもとても特別な時間、場所だった。
それが2020年から、会うことが叶わなくなって。
でもだからって、パタとやめることなんてできなくて。
DVDを作ったら、画面越しに「あの人」を感じて、元気をもらえた。
今年、試演で一箇所だけ久々に行けて、会えた時は、涙出そうになって、
その日は1日中、すごく元気になっていた。
「気持ち」の中でも、特に強く「元気」をもらって、その日、次の日の色合いが変わった。
結局、僕が一番助けられてたんだな「あの人」に。
ああ、めちゃくちゃ会いたい、「あの人」に。

2022年2月試演より

 

 

 

 

 

 

 

 

公演の模様は随時facebookでお知らせしていきます。
これまでの「@ホーム公演」のアーカイブはこちらから。

 

スタッフ/キャスト

山本トリミング160×110

山本光洋

たにぐちトリミング160×110

たにぐちいくこ

ノゾエトリミング160×110

ノゾエ征爾

田中トリミング160×110

田中馨

 

 

 

 

 

 

 

『チャチャチャのチャーリー ちょこっとチャーリー』
【構成・演出】ノゾエ征爾
【出演】山本光洋 たにぐちいくこ ノゾエ征爾

 

お楽しみDVD「チャチャチャのチャーリーとハマナスターズ ~愛と魅惑の夏~」 
【脚本・監督】ノゾエ征爾
【音楽】田中馨
【出演】山本光洋 たにぐちいくこ 田中馨 ノゾエ征爾

動画