概要

 

 

世田谷パブリックシアターを約20年にわたり牽引してきた芸術監督・野村萬斎
古典劇と現代劇の融合に取り組み、数々のシェイクスピア作品もその視点で上演してきた萬斎が
自身のターニングポイントともなった名作『ハムレット』を戯曲リーディングとして立ち上げる

 

2002年より、芸術監督として世田谷パブリックシアターを牽引してきた野村萬斎。2022年3月末日をもって同芸術監督を退任する萬斎が、2月に実施する『MANSAI◉解体新書 その参拾弐 完「檄」~初心不可忘~』に続き、戯曲リーディング公演 『ハムレット』より を上演することになりました。

今までにも萬斎は、世田谷パブリックシアター公演として『間違いの喜劇』を翻案した『まちがいの狂言』にはじまり、『リチャード三世』を翻案した『国盗人』―W.シェイクスピア「リチャード三世」より―や、戯曲リーディング公演として実施した『アテネのタイモン』、そして『マクベス』などのシェイクスピア作品において、自身が狂言師である特徴を存分に活かしながら、古典と現代劇の融合に取り組み、独自の視点で作品を立ち上げてきました。

今回の「戯曲リーディング『ハムレット』より」も萬斎ならではの解釈と構成で、『ハムレット』の中でも特に有名な台詞「To be, or not to be,(生か 死か)」に象徴される「二律背反」をキーワードに捉えることで、ハムレットのアイデンティティーを追求していく視点から、皆様に萬斎版『ハムレット』をお届けする予定でおります。どうぞご期待ください。

 

<物語>
父である先王の亡霊から死の経緯を知らされたハムレットは、その死を仕組んだ叔父クローディアスへの復讐を誓い狂気を装う。この復讐計画により、ハムレットを慕うオフィーリアや、王妃となった母親ガートルードをはじめ、彼の周りの人々は運命を狂わされていく。

スタッフ/キャスト

【作】W.シェイクスピア 
【翻訳・上演台本】河合祥一郎 
【演出】野村萬斎

【出演】野村萬斎 野村裕基 吉見一豊 若村麻由美 /
    山﨑 薫 星 智也 月崎晴夫 
    浦野真介 神保良介 武田 桂 遠山悠介 森永友基

 

ご来場のお客様へ

世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、十分な安全対策を行い、館内の衛生管理につとめております。
お客様の安全な観劇のため、感染予防対策にご協力をお願いします。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当日会場にてご本人確認を行う場合もございます。

 

Sept_corona_A4_shusai_0924_400

「ご来場のお客様へ」「劇場内でのお願い」PDFダウンロードはこちら

転売行為の禁止について

営利を目的とした入場券の転売は、いかなる場合にも固くお断りいたします。
お客様に公平にチケットをご購入いただけますよう、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

過去の公演におきまして、転売されたチケットをお持ちのお客様にはご入場をお断りしたケースもございます。
今後もご本人確認を行うことがございます。その際、このような行為・チケットを確認した場合にはご入場をお断りさせていただきます。

あらかじめご了承ください。

公演日程表

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,200円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

ご利用希望日の前日の19時まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。