概要

世田谷パブリックシアターでの前売販売は、「友の会会員先行」「せたがやアーツカード会員先行」「一般発売」ともに、電話およびオンラインのみでの受付となり、窓口での発売・発券はございません。

なお上演にあたり世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、感染拡大予防のための取り組みを講じてまいります。

 


「幸福論」ビジュアル(撮影:ヤン・ブース)w315

撮影:ヤン・ブース


能・狂言を土台に現代演劇を創作する、世田谷パブリックシアター芸術監督企画の最新作!
長田育恵 × 瀬戸山美咲のタッグが、現代に生きる人々の幸福について描き出す

世田谷パブリックシアター芸術監督である狂言師の野村萬斎が企画・監修を務める「現代能楽集」シリーズは、芸術監督方針である「地域性、同時代性、普遍性」「伝統演劇と現代演劇の融合」「レパートリーの創造」という三つの柱にもとづき、古典の知恵と洗練を現代に還元し、現在の私たちの舞台創造に活かしていきたいという考えから、生まれたシリーズです。
2003年以降、川村毅、鐘下辰男、宮沢章夫、野田秀樹、倉持裕、前川知大、マキノノゾミなど、日本の演劇界を代表する錚々たる顔ぶれが作・演出を手掛けてきました。それぞれが能の物語に着想を得て新作を書き下ろし、時には能の演出手法に触発されながら、新たな「現代能楽集」を生みだしてきました。
記念すべき第10弾となる今回は、近年、演劇賞を立て続けに受賞している、気鋭の劇作家/演出家・瀬戸山美咲と、たぐいまれな筆力をもつ劇作家・長田育恵により、今を生きる私たちのための現代演劇を創作。
出演者6名は「道成寺」「隅田川」でそれぞれ異なる役を演じ、それぞれの幸福論を立ち上げます。
「道成寺」では、父・母・息子の幸福な家族がさらなる幸福を激しく求めた結果の悲劇を描き、
「隅田川」では、運命的に出逢う3世代の女たちが、誰の目も届かない社会の片隅でありえるかもしれない物語が紡がれます。
現代に生きる人々の幸福とは何なのか。是非劇場でご体感ください。

 


<あらすじ>

▼能「道成寺」
紀州の道成寺の釣鐘再興の折り、白拍子が現れ、鐘の中に消える。荘司の娘が山伏に恋をしたが山伏は寺の鐘に隠れ、裏切られたと思った娘は蛇体となって、鐘に巻きつき、山伏を嫉妬の炎で焼き殺す、という話を住職は思い出し、件の白拍子はその女の怨霊であろうと、僧侶達と鐘に向かい祈る。鐘があがり、中から蛇となった女が現れるが、祈り伏せられ日高川へ消え失せる。

▼現代能楽集Ⅹ「道成寺」
橘清(高橋和也)は広告代理店を辞め独立したばかり。妻・真姫(明星真由美)は高級コンサルティングサロンを経営。息子・清史郎(相葉裕樹)は医学部4年生。3人は順風満帆に見えるが、まだまだ満ち足りない。清は作家・安藤千佳(瀬奈じゅん)の小説教室に通い始め、真姫は新たな顧客・白河安子(鷲尾真知子)を迎える。清史郎はアイドルを目指す奥野あんず(清水くるみ)と付き合い始めるが……。

 

▼能「隅田川」
隅田川の渡し守の元に、都から我が子を探してやってきた狂女が現れる。渡し守は、かつて幼子が、人買いに買われ、旅の果てにこの地で母を懐かしみ念仏を唱えながら息絶えた、という話をする。その幼子こそ狂女の子供であった。子供の墓は、この川のほとりにあり、狂女は子供の墓に手を合わせ、念仏の中、母子はわずかに再会を果たすが、やがてその姿も幻となる。

▼現代能楽集Ⅹ「隅田川」
夏帆(瀬奈じゅん)は同僚の酒々井(高橋和也)とともに働く家裁調査官。ある日、万引きをした犯罪少年、彩佳(清水くるみ)を担当することになる。彩佳の内面に降りていく夏帆。彩佳は過去にある男(相葉裕樹)と一夜を過ごし、秘密を抱えていた…。一方、独居老人の悦子(鷲尾真知子)はヘルパーの吉田翠(明星真由美)に世話をされている。異なる日常を生きてきた夏帆・彩佳・悦子の運命は、川のほとりに結ばれていく…。

 

スタッフ/キャスト

【作】 長田育恵(弐「隅田川」)・瀬戸山美咲(壱「道成寺」)
【演出】瀬戸山美咲
【監修】野村萬斎(世田谷パブリックシアター芸術監督)
【出演】瀬奈じゅん 相葉裕樹 清水くるみ 明星真由美 高橋和也 鷲尾真知子

w600幸福論キャスト(6名横1列)名入り0907uda

【美術】堀尾幸男 
【照明】齋藤茂男 
【音響】小笠原康雅
【衣装】髙木阿友子
【ヘアメイク】宮内宏明
【演出助手】須藤黄英
【舞台監督】田中直明

初日コメント

作家・演出家・出演者より、初日(11/29)を終えた心境についてコメントが届きました。

 

◆長田育恵  作(弐「隅田川」)

開幕いたしました。
炎のごとく、内からたぎるような「道成寺」。
水のごとく、深度を増していく「隅田川」。
能の物語を借りて描き出す2020年の現在地は、生々しくも、どこか目に見えないものを信じられるような不思議な力に満ちています。
この企画だからこその劇空間、ぜひ多くの方にご覧いただきたいです。
今、ご自身を慈しみ、ここから次の一歩を踏み出すための静かな力となりましたら幸いです。

 

◆瀬戸山美咲  作(壱「道成寺」)・演出

初日を終えて、さまざまな時代、さまざまな局面で人の想いを鎮めてきた能の持つ力を改めて感じています。今年の終わりにふさわしい作品になっていると思います。たいへんな困難の中、劇場に足をお運びいただく皆様に本当に感謝します。何もない空間に世界を立ち上げていく6人の俳優たちの姿を是非観にいらしてください。

 

◆瀬奈じゅん  安藤千佳役(壱「道成寺」)/真鍋夏帆役(弐「隅田川」)

本日、初日を迎えました。
舞台は、芝居は、お客様と共に作り上げていくものだと、改めて実感した初日です…。
足をお運びいただき、誠にありがとうございました。
千秋楽までもっともっと深めて参ります。
シアタートラムでお待ちしています!!

 

◆相葉裕樹  橘清史郎役 ほか(壱「道成寺」)/ハヤシ役 ほか(弐「隅田川」)

無事に幸福論の初日が開きホッとしています。
約半年ぶりにお客様と同じ空間、同じ時間を共有する事ができとても幸せでした。
演じていく中で日ごとに感情の揺れ方や感覚が変化していくと思います。
千秋楽まで「幸せとは何か?」「生きるとは何か?」「愛情とは何か?」あらゆる感情を探し続けたいと思います。
是非また劇場にお越し下さい。

 

◆清水くるみ  奥野あんず役 ほか(壱「道成寺」)/谷口彩佳役(弐「隅田川」)

もうすでに色々な意見をいただいていて、改めて演劇ってナマモノだなと感じています。
千秋楽まで変わり続ける舞台でありたいし、その中でたくさん吸収していきたいです。正解があるのか分からない、人生みたいな道のりを、3週間、もがき進んでいきたいと思っています。
感染対策ばっちりの劇場で、お待ちしております!

 

◆明星真由美  橘真姫役(壱「道成寺」)/吉田翠役(弐「隅田川」)

どこか皆である目指したゴールに到達できたような達成感のある良い初日だったように思います。でも特に『道成寺』は旅の入り口に過ぎないと。最初この台本を読んだ時、作品の世界観を表現する方法がいく通りもある気がしました。それはお客様が「どんな視点で我々登場人物を見るか」によってストーリーが変化する可能性があるなと。とてもチャレンジングですが、お客さんの呼吸を感じながら演じられたらと思っています。
『隅田川』は、誰かの傷と、誰かの傷が出会うことによって、浄化が始まる物語だと私は解釈しています。それって、全ての出会いにも言える事で、この世界が回り続けている理由みたいなものですよね。今日の1ステージと、来てくださったお客様との『交換』は1度きりのもので、映像配信では成されないものだと私は信じています。最後まで奇跡が起きますように。

 

◆高橋和也  橘清役(壱「道成寺」)/酒々井直人役(弐「隅田川」)

稽古期間も劇場入りしてからも常に緊張を強いられる状況の中、 奇跡のように幕が開いた。いつもなら皆で乾杯し、喜びを分かち合う時だが今はそれも無い。芝居をする為だけに僕等は集まり、そしてそれぞれうちに帰る。
それでも、この作品に出演できて本当に良かったと心から思います。尊い経験をさせて頂きました。ありがとう!

 

◆鷲尾真知子  白河安子役(壱「道成寺」)/向坂悦子役(弐「隅田川」)

今年の二月に世田谷パブリックシアターにて出演した「メアリ・スチュアート」の後、世の中が一変しました。
今日シアタートラムの舞台に立てた事を幸せに感じています。
行動の不自由を感じている中、劇場に足を運んでくださったお客様に感謝申し上げます。
スタッフキャストそしてお客様と一体になり幕があきました初日の高揚感は一入(ひとしお)でした。
明日から「すべての事に」甘える事なく、緊張感をもって、千秋楽まで舞台を務めます。

ご来場のお客様へ

世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、十分な安全対策を行い、館内の衛生管理につとめております。
お客様の安全な観劇のため、感染予防対策にご協力をお願いします。

Sept_corona_A4_shusai_0924_400

「ご来場のお客様へ」「劇場内でのお願い」PDFダウンロードはこちら

2020年9月24日更新


◆本公演の上演時間は約 2時間30分予定(休憩10分を含む)です。

◆会場でのお預かり及びご郵送などでの、出演者への生花・食べ物・生もの・お手紙などのプレゼントは一切お受け取りできません。
 また、関係スタッフ・キャストへのご面会もお断りいたします。何卒ご了承ください。
 当施設は複合施設となっており、安全のため、楽屋口および施設周辺での楽屋入り待ちおよび出待ち行為は一切禁止とさせていただいております。
 新型コロナウイルスの感染症対策により、カウンターでの荷物のお預かりはいたしません。返金式ロッカーをご利用ください。(※ロッカーは数に限りがございます)
 キャリーケース等もお預かりできかねますので、大きめのお荷物をご持参でのご来場はお控え頂けますよう、お願いを致します。皆様のご理解・ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

◆終演後はアンケートのご回答にご協力をお願いいたします。
https://setagaya-pt.jp/news/questionnaire.html

当日券情報

1.電話予約
当日朝10:00~開演の2時間前まで世田谷パブリックシアターチケットセンター(電話03-5432-1515 )にて承ります。

2.窓口販売
開演の45分前より、シアタートラムロビーの当日券受付 にて販売します。電話予約をされた方が優先となります。

 

※前売券は残席がある限り、前日までご予約を承ります。
【世田谷パブリックシアターチケットセンター】
公演日前日19:00まで、電話03-5432-1515にて受付
【世田谷パブリックシアターオンラインチケット】
公演日前日23:30まで受付

詳細は、世田谷パブリックシアターチケットセンター(03-5432-1515)までお問い合わせください。

配席について(2020.10.2更新)

本公演は、世田谷区の区主催イベントへの収容率制限緩和をうけ、客席は前後左右1席空けた座席配置ではなく100%以下で販売をします。

舞台と客席の間は余裕をもった配置にしております。ご理解の上、お買い求めいただきますようお願い申し上げます。

 

転売行為の禁止について

営利を目的とした入場券の転売は、いかなる場合にも固くお断りいたします。
お客様に公平にチケットをご購入いただけますよう、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

過去の公演におきまして、転売されたチケットをお持ちのお客様にはご入場をお断りしたケースもございます。
今後もご本人確認を行うことがございます。その際、このような行為・チケットを確認した場合にはご入場をお断りさせていただきます。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当日会場にてご本人確認を行う場合もございます。
あらかじめご了承ください。

メディア情報

▼初日コメント・レビューなど
12/3(木) 毎日新聞 夕刊 劇評
12/3(木) おけぴ 開幕レポート
12/3(木) 演劇キック 初日コメント、舞台写真
12/1(火) ぴあアプリ 初日コメント、舞台写真
11/30(月) ステージナタリー 初日コメント、舞台写真
11/30(月) SPICE 初日コメント、舞台写真
11/30(月) エンタメターミナル 初日コメント、舞台写真
11/29(日) ぴあ 開幕レポート

▼インタビュー
11/27(金) しんぶん赤旗日曜版 高橋和也 インタビュー
11/26(木) 朝日新聞 夕刊 瀬戸山美咲 インタビュー
11/25(水) エンタメターミナル 瀬奈じゅん インタビュー
11/24(火) エンタステージ 清水くるみ インタビュー
11/24(火) ステージナタリー 長田育恵・瀬戸山美咲・瀬奈じゅん インタビュー 
11/24(火) 産経ニュース 瀬戸山美咲 インタビュー
11/21(土)  読売新聞 朝刊 長田育恵・瀬戸山美咲・野村萬斎 インタビュー
11/19(木) 産経新聞 朝刊 野村萬斎 インタビュー
11/19(木) 新婦人しんぶん 瀬戸山美咲 インタビュー
11/18(水) anan 11/25号 瀬奈じゅん インタビュー
11/16(月) 週刊エコノミスト11/24号 長田育恵・瀬戸山美咲 インタビュー
11/13(金) NorieM 清水くるみ インタビュー
11/9(月) えんぶ 12月号 相葉裕樹 インタビュー
11/5(木) omoshii PRESS vol.10 相葉裕樹 インタビュー
10/27(火) STAGEnavi vol.49 相葉裕樹・瀬奈じゅん ・長田育恵・瀬戸山美咲 インタビュー
10/25(日) omoshii 相葉裕樹 インタビュー
10/24(土) TIMELINE 相葉裕樹 インタビュー
10/24(土) 演劇キック 瀬奈じゅん インタビュー
10/24(土) ENCOUNT 清水くるみ インタビュー
10/22(木) 家庭画報.com 相葉裕樹 インタビュー
10/6(火) タレントデータバンク 清水くるみ インタビュー
9/10(木) おけぴ 相葉裕樹 インタビュー
8/20(木) NorieM No.42 相葉裕樹 インタビュー
8/5(水) fabulous stage Vol.12 相葉裕樹 インタビュー
7/27(月) BEST STAGE 9月号 相葉裕樹 インタビュー

動画

舞台写真

no images were found

公演日程表

◎=ポストトークあり
12月9日(水)19:00 鷲尾真知子 明星真由美 野村萬斎(世田谷パブリックシアター芸術監督) 
12月10日(木)19:00 長田育恵(作) 瀬奈じゅん 清水くるみ
12月11日(金)19:00 瀬戸山美咲(作・演出) 高橋和也 相葉裕樹
※開催回のチケットをお持ちの方がご参加いただけます。

◆収録のため客席にカメラが入ります。

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,200円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

ご利用希望日の前日の19時まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、お座席でご観劇になる場合も、スムーズにお席にご案内させていただきますので、予め劇場までご連絡ください。