概要

201802『岸 リトラル』仮チラシ 5月18日正午公開_451px

2014年、17年にシアタートラムで上演された『炎 アンサンディ』は、文化庁芸術祭賞大賞や読売演劇大賞最優秀演出家賞など数多くの演劇賞に輝き、演劇界に大きな衝撃を与えました。その『炎 アンサンディ』を含む、レバノン出身の劇作家ワジディ・ムワワドの“約束の血4部作”の1作目である『岸 リトラル』を、作:ワジディ・ムワワド、演出:上村聡史の同じタッグによる第2弾として、日本版を初演いたします。
本作は、『炎 アンサンディ』の人間関係や印象ぶかい場面を彷彿とさせる耳慣れた台詞が時折り聞こえてくる、『炎』に通じる衝撃作でありながらも、より強い狂気とストレートな魂の叫びを持つ物語としてシアタートラムの小劇場空間に立ち上がります。『炎』をご覧になった方にも、ご覧にならなかった方にも、思う存分に演劇の醍醐味を満喫していただける作品になるに違いありません。実力派スタッフ、キャストとともに作り上げる新たなる衝撃作の誕生に是非ご期待ください。

 

ストーリー
青年ウィルフリードはある夜、ずっと疎遠だった父イスマイルの死を突然知らされる電話をとった。
彼は死体安置所で変わり果てた姿の父親と対面する。ウィルフリードは自分を生んですぐにこの世を去った母ジャンヌの墓に、父の亡骸を一緒に埋葬しようと決意するのだが、母の親族たちから猛反対される。どうやら、彼の知らない父と母の関係があるようだ。その語られなかった封印された父母の過去とは何なのか? 突如起き上がった父の死体とともに、内戦の傷跡がいまだ癒えぬ祖国へ向けて、奇妙な父子の旅がはじまる……。

 


 2017年10月 戯曲リーディング『岸 リトラル』より 公演ページはこちら

スタッフ/キャスト

【作】ワジディ・ムワワド
【翻訳】藤井慎太郎
【演出】上村聡史

WM_1©JEAN-LOUIS FERNANDEZ_110px

ワジディ・ムワワド

上村聡史

 

 

 

 

 

 

【美術】 長田佳代子  【照明】 沢田祐二  【音楽】 国広和毅  【音響】 加藤 温
【衣裳】 半田悦子  【ヘアメイク】 川端富生
【演出助手】 五戸真理枝  【舞台監督】 大垣敏朗

 

【出演】
岡本健一 亀田佳明 栗田桃子 小柳友
鈴木勝大 佐川和正 大谷亮介 中嶋朋子

岡本健一

亀田佳明_110px

亀田佳明

栗田桃子

小柳友

 

 

 

 

 

 

鈴木勝大_110px

鈴木勝大

佐川和正_110px

佐川和正

大谷亮介2014_110px

大谷亮介

中嶋_110px

中嶋朋子

公演日程表

観劇サポート

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

ご利用希望日の前日の19時まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、お座席でご観劇になる場合も、スムーズにお席にご案内させていただきますので、予め劇場までご連絡ください。