概要

ノーベル文学賞受賞作家ピンターの三人芝居に
大胆かつ緻密な演出で名を馳せる森新太郎が挑む!

ガラクタを拾い集める男と、ガラクタを処分したい男と、
ガラクタ同様に拾われてきた男による
狂気とユーモアの“ピンター・ワールド”、ここに開幕!

世界の演劇界に多大な影響を及ぼしたノーベル文学賞受賞の鬼才ハロルド・ピンター。その代表作『管理人』に、日本演劇界の最前線で活躍する演出家の一人、森新太郎が挑みます。
この三人芝居に名を連ねるのは、青年ミック役の溝端淳平(=ガラクタを処分したい男)、その兄アストン役の忍成修吾(=ガラクタを拾い集める男)、宿無し老人デーヴィス役の温水洋一(=ガラクタ同様に拾われてきた男)。それぞれに異なる個性を持つ、森いわく「完璧」な顔合わせで、絶妙にアンバランスなトライアングルをつくります。
切れ味鋭い新訳、エッジの効いた森新太郎の演出、そして男優3名の異色のアンサンブルにより、小劇場シアタートラムに濃密な空間が展開されます。20世紀の「不条理劇」を現代へとアップデートする果敢な取り組みに、どうぞご期待ください。


演出・森新太郎 コメント

舞台の出来事はロンドン西部にある小さな一室で起こります。
戯曲冒頭のト書きによれば、その部屋は大量の廃品=ガラクタで溢れかえっており、今日の日本で言うところのいわゆる“ゴミ屋敷”です。
登場人物は三人。この部屋にガラクタを拾い集めてくる男と、この部屋からガラクタを処分したい男と、この部屋へガラクタ同様に拾われてきた男です。彼らが何者でどんな人生を送ってきたのか、ピンターは何一つはっきりとは提示してくれません。全てが曖昧。
ただひとつ確かなことがあるとすれば、それは彼らがこの部屋において、常にある種の緊張状態に置かれているということでしょうか。そこでは、自分の居場所を巡っての駆け引きや闘争が、延々と容赦なく繰り広げられます。「アホらしい!」と笑えてしまうくらいに。
そんな滑稽なせめぎ合いの様は、我々が生きている現代社会そのものかもしれません――。
徐賀世子さんによる切れ味のいい新訳のもと、ユーモアと臨場感に満ちたピンター劇をお届けできたらと思います。
どうぞお楽しみに。


『管理人』 “The Caretaker” について

ノーベル文学賞受賞のイギリスの劇作家ハロルド・ピンターが1959年に発表。英ナショナル・シアター調査の「20世紀の英語戯曲」で9位にランクインするなど、ピンターの代表作として名高い作品。登場人物は、職を失くしたホームレス寸前の老人と、とある兄弟の3人だけ。三者の間で虚実皮膜のような会話が展開されていく、ユーモラスで摩訶不思議な作品。


ストーリー

舞台はロンドン西部にある家の一室。
住み込みで働いていたレストランを首になったデーヴィス(温水洋一)は、偶然知り合ったアストン(忍成修吾)に自分の家に来ないかと誘われ、これ幸いとついていく。だが翌朝、いきなり現れたアストンの弟ミック(溝端淳平)に不審者扱いされ激しく責め立てられる。デーヴィスの前に交互に現れる、切れ者のミックと無口で謎めいたアストン。彼らはそれぞれ、この家の「管理人」にならないかとデーヴィスに提案してくるのだが――。

 


宣伝美術:小松清一 宣伝写真:細野晋司

スタッフ/キャスト

【作】ハロルド・ピンター 【翻訳】徐賀世子 
【演出】森新太郎

森新太郎 _StyleNorway

森新太郎

 

 

 

 

 

 

 

【美術】 香坂奈奈  【照明】 大迫浩二  【音響】 高橋巖
【衣裳】 西原梨恵  【ヘアメイク】 柴崎尚子  
【演出助手】 五戸真理枝  【舞台監督】 瀬﨑将孝

 

【出演】溝端淳平 忍成修吾 温水洋一

 

溝端淳平

溝端淳平

忍成修吾

忍成修吾

温水洋一

温水洋一

メディア情報

9/12(火)+act 溝端淳平インタビュー
8/29(火)チケットぴあ/YAHOO! JAPANニュース
     森新太郎×溝端淳平×忍成修吾×温水洋一 インタビュー
8/24(木)イープラス SPICE  溝端淳平インタビュー

 

せたがやアーツプレス11号 溝端淳平 インタビュー

動画

公演日程表

◎=ポストトークあり(出演=森新太郎/溝端淳平 忍成修吾 温水洋一)※開催回のチケットをお持ちの方がご参加いただけます
■=視覚障害者のための舞台説明会あり(劇場まで要申込み・無料、本公演のチケットをお持ちの方対象)

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,000円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせて頂きます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

ご利用希望日の前日の19時まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、お座席でご観劇になる場合も、スムーズにお席にご案内させていただきますので、予め劇場までご連絡ください。