概要

チック_トップラインアップ_new白-01_650px

気鋭の演出家×注目のキャストでおくる
一生に一度、絶対に忘れられない少年2人のひと夏の旅

世界中で愛されている児童文学書「Tschick」(邦題「14歳、ぼくらの疾走:チックとマイク」作:ヴォルフガング・ヘルンドルフ)を舞台化した『チック』は2011年の初演から本国ドイツで今もなお上演を重ねる話題作です。14歳の少年の目を通して描かれる世界は、等身大の思春期の悩みだけでなく、現代社会の光と影までも鮮やかに映し出し、多くの反響を呼んでいます。
本邦初演となる今回、演出を務めるのは世田谷パブリックシアター初登場となる、ドイツ・ハンブルク出身の注目の演出家・小山ゆうな。長年上演を切望してきたこの作品で自ら翻訳も手掛けます。小山は本作を「14歳という良い事も悪い事もビビットに感じられる時期の少年達を通して、社会の一般常識やルールがいかに、その枠から外れてしまった者にとって残酷か、本当に大切な事を見失わせる可能性を秘めているかを描いた作品」と捉えます。
そしてキャスト陣には魅力的な面々がそろいました。ドイツ版でもあえて大人の俳優が演じたように、思春期真っただ中の“14歳”の少年、少女役を演じるのは、その時代を少し前に通り過ぎてきた柄本時生、篠山輝信、土井ケイトというフレッシュで個性豊かな3人。彼らを取り巻く様々な“大人”を次々と演じ分けるのは実力派の大鷹明良とあめくみちこ。
懐かしくも胸が痛く熱くなるようなひと夏の冒険物語が、シアタートラムの空間いっぱいに広がります。青春真っただ中の方にも、そしてその時代を駆け抜けてきた大人の方たちにもぜひご覧いただきたい作品です。

公式ツイッター= @Tschick2017

 

<あらすじ>

少年2人の思い出の夏には、狂気と切なさがつまってる……

14歳の冴えない少年マイクは喧嘩ばかりの両親と、退屈な学校生活の毎日に出口のないような息苦しさを感じていた。だがある日そんな生活を一変させる出会いが彼に訪れた。それは転校生のチックだ。彼はロシアからの移民で、風変りで問題児。チックは突然マイクの家を訪ねてくる。「乗れよ」チックが盗み出したオンボロなラーダ・ニーヴァに乗り込み2人はひと夏の旅に出る。
これまで見えていた世界とは全く違う新しい景色と、新しい出会いが彼らを待っていた!

スタッフ/キャスト

【原作】ヴォルフガング・ヘルンドルフ 【上演台本】ロベルト・コアル 
【翻訳・演出】小山ゆうな 
【出演】柄本時生 篠山輝信 土井ケイト あめくみちこ 大鷹明良

 

チック個人01-01_110px

柄本時生

チック個人02-01_110px

篠山輝信

 

 

 

 

 

 

チック個人03-01_110px

土井ケイト

チック個人_04ameku_02-01_110px

あめくみちこ

チック個人05-01_110px

大鷹明良

 

 

 

 

 

 

【美術】乘峯雅寛 【照明】成瀬一裕 【音響】尾崎弘征 【衣裳】樋口藍
【ヘアメイク】馮啓孝 【演出助手】五戸真理枝 【舞台監督】髙橋良直

『チック』映画版、今秋公開!

50年後のボクたちは
監督:ファティ・アキン(『ソウル・キッチン』『消えた声が、その名を呼ぶ』)
出演:トリスタン・ゲーベル アナンド・バトビレグ
お問合わせ:ビターズ・エンド(03-3462-0345)

Maik (Tristan Gel) und Tschick (Anand Batbileg)

©2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH

9/16(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開
(2016年/ドイツ/配給:ビターズ・エンド)

◆チック通信

『チック』をより楽しむための情報をお届けする“チック通信”。
連載第一回はあらすじをお届けいたします。

 

チック通信vol.1 【得体の知れないチック・あだ名がつかないマイク】

14歳の冴えない少年マイクは、アルコール依存症でリハビリ施設への入退院を繰り返す母親と、浮気ばかりの父親との生活に息苦しさを感じていた。学校でも特に目立たず友達もいない。同じクラスの“世界で一番きれいな女の子”タチアーナの誕生日パーティーにも、クラスメイトがほとんど招待されているのにマイクは招待してもらえず、すっかり落ち込んでしまっていた。 だがある日そんな生活を一変させる出会いが彼に訪れる、それは転校生のチックだった。彼は兄とロシアからドイツにやってきた移民で、転校初日から二日酔いで登校するような問題児。そのアルコールの臭いは、イヤになってもどうしても嫌いになれないマイクの母親と同じ臭いでドキッとしたが、チックの第一印象は最悪で、マイクも他の同級生と同じように彼の事は好きになれないままだった。一方チックはなぜかマイクにまとわりついてくる。
夏休みが始まる日、チックは突然マイクの家を訪ねてきた。これから一人寂しく夏休みを送るつもりでいたマイクはチックにうまく説得され、彼が盗み出したオンボロなラーダ・ニーヴァ(*)に乗り込んで、一緒に旅をはじめることに。 チックとマイクは、旅の中でこれまで見えていた世界とは違う新しい景色や人々と出会っていく…

*ラーダ・ニーヴァ…ロシアのSUV。プーチン大統領の愛車としても知られている。

 

今後も随時更新予定。どうぞお楽しみに!

メディア情報

7/20(木)週刊文春(7/27日号)柄本時生インタビュー
7/1(土)BEST  STAGE8月号 小山ゆうなインタビュー
6/30(金)朝日新聞×マイナビ 篠山輝信インタビュー(ヒーローズファイル Vol.168 後編)
6/23(金)マイナビ転職ヒーローズファイル Vol.168 篠山輝信インタビュー(全編)
6/23(金)朝日新聞×マイナビ 篠山輝信インタビュー(ヒーローズファイル Vol.168 前編)
6/20(水)Yahoo!JAPANニュース  柄本時生×篠山輝信インタビュー 
6/20(水)チケットぴあ 柄本時生×篠山輝信インタビュー

 

ツアー情報

兵庫公演
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
日時:2017/9/5(火)19:00 6(水)13:00

動画

公演日程表

◎=終演後ポストトークあり 
出演 小山ゆうな 柄本時生 篠山輝信
※開催回のチケットをお持ちの方がご参加いただけます

■=視覚障害者のための舞台説明会あり(劇場まで要申込み・無料、本公演のチケットをお持ちの方対象)詳細はこちら


聞こえにくい方のための音声サポート(要事前申込み・無料)
音声が聞こえにくい方に、当日劇場ロビーにてイヤホンをお貸出しいたします。
申込み・お問合せ:チケットをご購入後、ご観劇日の3日前までに劇場へお申込みください。
Tel:03-5432-1526/Fax:03-5432-1559/support@setagaya-pt.jp

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,000円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせて頂きます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶

車椅子スペース

世田谷パブリックシアター、シアタートラムとも車椅子のままご観劇いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、ご利用にあたり予約が必要です。

料金 該当エリアチケット料金の10%割引【付添者は1名まで無料】
申込 03-5432-1515 劇場チケットセンター

ご利用希望日の前日の19時まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、お座席でご観劇になる場合も、スムーズにお席にご案内させていただきますので、予め劇場までご連絡ください。