概要

世田谷パブリックシアターでのチケット発売は、「友の会会員先行」「せたがやアーツカード会員先行」「一般発売」ともに、電話およびオンラインのみでの受付となり、窓口での発売・発券はございません。

なお上演にあたり世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、感染拡大予防のための取り組みを講じてまいります。

 


★「エレファント・マン」ビジュアル_650px


2020年秋、不朽の名作『エレファント・マン』を森新太郎が新演出で立ち上げる

1880年代の産業革命後のロンドン。膨張した頭部、著しく変形した身体、その外見から「エレファント・マン」と呼ばれる青年ジョン・メリックは、解剖外科医のトリーヴズとの出会いによって初めて人間らしい生活を手に入れることになります。今まで好奇の目に晒されてきたメリックでしたが、人々は彼が知的で、純粋な心の持ち主であることに気づき、彼に不思議なまでに引き寄せられていくのです。

今回、このタイトルロール『エレファント・マン』に挑むのが小瀧望(ジャニーズWEST)です。東西の文字通りのビッグスターが舞台で演じてきたこの役は、異形の特殊メイクをあえて施さず、鍛錬された身体を湾曲させるというスタイルをとることで表現し、かつ穢れの無い精神世界を打ち出して、各時代の演劇史を飾ってきた役どころです。180㎝を超える身長と端正な顔立ちの小瀧が、気鋭の演出家・森新太郎と組み、いかに異形の美しき青年を演じるのか。今秋、必見の舞台となるに違いありません。

また、メリックと対峙することで己の醜い部分にも向き合うことになっていく複雑な心理をたどる医師トリーヴズに近藤公園、彼の勤める病院の理事長に木場勝己、またメリックに初めて女性の愛らしさを伝える女優ケンダル夫人に高岡早紀、そして貴族から使用人まであらゆる階層の人々を、花王おさむ久保田磨希駒木根隆介前田一世山﨑薫が演じます。総勢9名の人気実力を兼ね備えたキャストの競演と、演出の森新太郎をはじめとした日本演劇界を牽引する充実のスタッフ陣が産み出す舞台『エレファント・マン』に是非ご期待ください。

 


ストーリー

19世紀のロンドン。その外見により「エレファント・マン」として、見世物小屋に立たされていた青年ジョン・メリック。肥大した頭蓋骨は額から突き出し、体の至るところに腫瘍があり、歩行も困難という状態だった。ある日、見世物小屋で彼を見かけた外科医フレデリック・トリーヴズは、研究対象として彼を引き取り、自身が務める病院の屋根裏部屋に住まわせることにした。メリックにとっては、その空間が人生で初めて手にした憩いの「家」となった。

はじめは白痴だと思われていたメリックだったが、やがてトリーヴズはメリックが聖書を熱心に読み、芸術を愛する美しい心の持ち主だということに気付く。当初は他人に対し怯えたような素振りを見せていたメリックも、トリーヴズと接するうちに徐々に心を開きはじめ、トリーヴズもまたメリックに関わることで、己の内心を顧みるようになっていく。

穏やかな気質のメリックには上流社会の人々の慰問が続いた。その中に、舞台女優のケンダル夫人もいた。メリックはケンダル夫人に異性を感じ、ときめく。そして普通の人間のように振る舞いたいという思いに駆られていく・・・・。

スタッフ/キャスト

【作】バーナード・ポメランス
【翻訳】徐 賀世子
【演出】森 新太郎

【作曲】ダニー・フォード
【訳詞】フジノサツコ
【美術】伊藤雅子
【照明】佐藤 啓
【音楽監督】落合崇史
【音響】高橋 巖
【衣裳】ゴウダアツコ
【ヘアメイク】鎌田直樹
【演出助手】平井由紀
【舞台監督】澁谷壽久

【出演】小瀧 望(ジャニーズWEST)
近藤公園 花王おさむ 久保田磨希 駒木根隆介 前田一世 山﨑 薫 /
高岡早紀 木場勝己

0805エレファントマン組み写真_アウトライン済

 

演出家・出演者コメント

▼森新太郎〔演出〕
作品全体を貫いているのは、劇作家バーナード・ポメランスによる極めて冷徹な文明批評だ。

1880年代、世界経済の覇者として繁栄を誇っていたヴィクトリア時代のイギリス。身体が著しく変形、膨張した《エレファント・マン》ことメリック青年は、解剖外科医のトリーヴズと運命的な出会いを果たす。そして、“科学”や“モラル”という輝かしい旗印のもと、思いもよらぬ特別待遇を受ける。半永久的に病院で保護される身となったのだ。「規律を守るのは自分のため、規律を守れば幸せになれる」と叩き込まれて。救済はすなわち制限と管理と罰をも意味し、作者はその光景を帝国主義国家の植民地支配と重ねてみせる。

「与えているつもりが、実は奪い取っているだけではないのか?」

メリックとの交流を通し、己の欺瞞と向き合わざるを得なくなったトリーヴズの葛藤は、最後の最後まで解消されないままである。しかしそれ故に、この作品は今なお世界中で上演される意義がある。私はそう思う。

それにしても、メリックを演じる俳優の苦労はいかばかりだろうか。彼は特殊メイクなど一切用いずに、身体のねじれだけで、観客にメリックを想像させなくてはならない。これは戯曲の要請である。歪んだ外面と歪みのない内面、その両方を同時に表現しなくてはならないのだ。小瀧望は私にとってまだまだ未知の俳優であるが、彼の全身から発せられる知性と感性に期待は膨らむばかりだ。誰よりも気高く、そして無邪気なメリックを生み出してくれるに違いない。

メリックを取り巻く人々の存在も重要である。医師、女優、興行師、警官、聖職者、投資家、皇太子妃……etc. 階層も価値観もまるで異なる人々が、ある者は善意に酔い、ある者はカネの匂いを嗅ぎつけ、ある者は孤独を分かち合おうと、メリックのもとへ引き寄せられ、《エレファント・マン》という曇りひとつない鏡に、社会のいびつが映し出される。木場勝己さんを始め、高岡早紀さんや近藤公園さんら力量ある俳優陣と共に、研ぎ澄まされた舞台を作り上げたい。

 

▼小瀧望〔ジョン・メリック役〕
僕にとっては5年ぶりの舞台となります。舞台のオファーを受けた時「やっと舞台をやれる!嬉しい」という気持ちがこみあげて、そして演出が森新太郎さんと聞いて、さらにこれはもうやらないという選択肢は絶対にないなって、本当に飛びついたという感じでした。『エレファント・マン』はタイトルだけは知っていて、昔映画版を見たことがあるという両親からは「すごく悲しい物語だ」という話を聞きました。今、戯曲を読んでみると、僕が演じるエレファント・マンの人生はすごく衝撃的なんですが、彼の心の汚れない綺麗さ、あふれ出る知性という、そうした内面の美しさが、長年にわたってこの作品が多くの人々に愛されてきた理由なんだなと思っています。初めてお会いした森さんは優しくて、作品について色んなお話をしてくださったのですが、菊池(風磨)と、(中山)優馬からは「稽古は覚悟したほうがいいかもな」とは言われています(笑)。ファンの方々には僕の奮闘する姿をぜひ間近で見て欲しいなと思いますし、僕とキャストの皆さま全員、そして森さんでつくるこの『エレファント・マン』を多くのお客様に届けられるように、全力で、全身全霊で頑張りますので、ぜひ劇場へ足を運んでもらえたらと思います。

 

▼近藤公園〔フレデリック・トリーヴズ (外科医・教師)役ほか〕
今回、それぞれの時間の中で色んな思いが生まれたかと思います。自分も未体験の、ぽっかりと空いた時間の中で『生きる』ということについて、ぼんやりと考えざるを得ませんでした。「エレファント・マン」は『人間』として『生きる』ことについての話です。劇場という場所に『生きる』ことそのものを感じる、我々作り手と、お客さんとがまた出会えることに、ワクワクしています。
劇場でお待ちしております。

 

▼高岡早紀〔ケンダル夫人(女優)役ほか〕
演出家の森さんとは昨年に引き続いて2作目となります。
森さんと芝居を作るのは、私にとって楽しみでしかありません。
稽古場では、森さんの活気あふれる演出で緊迫感が漂います。しかし毎日が充実していて、時折見せてくれる森さんの笑顔に救われます。
今回私が演じる「舞台女優ケンダル夫人」は森さん曰く、私への「あてがき」だそうです。(本当は違いますが…)
その言葉を信じて、私らしく演じられたらと思っております。
ほとんどの役者と、今回が初共演です。
素敵なカンパニーになることを祈りながら、これからはじまる稽古を楽しみにしています。
悲しい物語ではありますが、「エレファント・マン」と呼ばれて生き抜いた彼の生き様を見て、自分にとっての『幸せ』とは何か見つけられるのではないでしょうか。ぜひ、多くの皆様にご来場頂きたいと思います。

 

▼木場勝己〔カー・ゴム(ロンドン病院の理事長)役ほか〕
コロナの収束の目処も立たない中、私たちは、この公演を立ち上げることが出来るでしょうか? いいえ、是非とも成し遂げなければなりません。この戯曲を読み進めるうちに、その気持ちが増していきました。近代科学をもってしても、崇高な人道主義をもってしても、決して救えない不幸があることを、この戯曲は私たちに教えてくれました。今、私たちが遭遇しているコロナのように。
しかし私たちは、前に進まなければなりません。科学至上主義に疑いを持ちながらも科学的に、心に絶望を抱えながらも快活に行動する、もう一人の主人公・トリーヴズのように。

 

ご来場のお客様へ

世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、十分な安全対策を行い、館内の衛生管理につとめております。
お客様の安全な観劇のため、感染予防対策にご協力をお願いします。

Sept_corona_A4_shusai_0924_400

「ご来場のお客様へ」「劇場内でのお願い」PDFダウンロードはこちら

2020年9月24日更新


◆本公演の上演時間は約 2時間40分予定(休憩20分を含む)です。

◆会場でのお預かり及びご郵送などでの、出演者への生花・食べ物・生もの・お手紙などのプレゼントは一切お受け取りできません。
 また、関係スタッフ・キャストへのご面会もお断りいたします。何卒ご了承ください。
 当施設は複合施設となっており、安全のため、楽屋口および施設周辺での楽屋入り待ちおよび出待ち行為は一切禁止とさせていただいております。ご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。

◆終演後はアンケートのご回答にご協力をお願いいたします。
https://setagaya-pt.jp/news/questionnaire.html

 

見切れ席・補助席追加発売のお知らせ

見切れ席・補助席を下記の通り発売いたします。

■発売日:10/19(月) 10:00より受付を開始いたします。
■料金:
一般 S席(注釈付) 7,800円/A席(注釈付)4,200円/補助席 7,800円
高校生以下 S席(注釈付) 3,900円/A席(注釈付)2,100円/補助席 3,900円
■枚数制限:1公演1席種1枚まで

※S席(注釈付)・A席(注釈付)は見切れ席です。舞台の一部が見切れたり、落下防止の手すりが視界に入る可能性がございます。
※補助席は、背もたれあり、肘掛なし、座面クッションは薄いものになります。
※友の会会員・せたがやアーツカード会員割引はございません。
※高校生以下は当日要証明書提示。
※U24は予定枚数終了いたしました。

■チケット取扱い:
発売初日の10/19(月)はオンラインチケットのみ受付。10/20(火)以降、残席があればお電話でも受付いたします。
<世田谷パブリックシアター オンラインチケット>
https://setagaya-pt.jp/
<世田谷パブリックシアターチケットセンター>
03-5432-1515(10:00~19:00)

当日券情報

下記の方法で、各公演日の前日に「当日券購入整理番号」の電話受付を行います。

■受付電話番号:0570-001-319 (チケットぴあ当日券専用ダイヤル)
■受付日時:ご覧になりたい公演の前日の昼12:00~15:00
■枚数制限:おひとり様1枚のみご予約可能(1回の通話で1公演分のみのご予約とさせていただきます)
※高校生以下料金以外の各種割引チケットのお取り扱いはございません。また、車椅子スペースの販売はございません。
※受付は先着順です。予定枚数に達した時点で受付を終了し、引き続きキャンセル待ち整理番号の受付を行います。
※席種、座席位置の指定はできません。
※指定席が予定枚数終了次第、見切れ席、補助席のご案内になります。
 見切れ席は、一部の場面が見づらい場合がございます。ご了承の上、お求めください。

【当日券購入整理番号を予約された方へ】
① 公演当日の開演1時間前に「世田谷パブリックシアター劇場入口(キャロットタワー3F)」にお集まりください。
②ご予約された方の本人確認を行いますので、身分証明書をご提示ください。(名義欄手書き不可、コピー不可)
※開演1時間前の点呼時に不在の場合は、「当日券購入列」の最後尾にお並びいただきます。

【キャンセル待ち整理番号を予約された方へ】
①公演当日の開演10分前に「世田谷パブリックシアター劇場入口(キャロットタワー3F)」にお集まりください。
②ご予約された方の本人確認を行いますので、身分証明書をご提示ください。(名義欄手書き不可、コピー不可)
※開演10分前の点呼時に不在の場合は、「キャンセル待ち列」の最後尾にお並びいただきます。
※キャンセルチケットが出た場合のみの販売となりますので、ご購入いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

【注意事項】
① 整理番号は当日券購入の為にお並びいただく順番の番号です。
② 整理番号を予約されたご本人が、集合時間にお集まりください。
③ 座席番号は公演当日、劇場でご購入いただく際にご案内いたします。席種・座席位置の指定は出来ません。
  指定席が終了次第、見切れ席、補助席のご案内になります。見切れ席は一部の場面が見づらい場合がございます。
④ご予約された方の本人確認を行いますので、身分証明書をご持参ください。身分証明書をお持ちでない場合、チケットはお求めいただけません。高校生以下のチケットをお求めの方は、学生証等、年齢確認ができる身分証をご提示いただきます。
⑤ お支払いは、現金のみとなります。
⑥ 販売予定数はお問合せいただきましてもお答えできません。

『エレファント・マン』動画配信のお知らせ

■配信日:12/5(土)18:00~  ※見逃し配信:12/6(日)18:00まで
■視聴チケット発売:11/20(金)予定
※世田谷パブリックシアターチケットセンターでのお取り扱いはございません。
■視聴チケット価格:一般 4,000円
■配信サイト:Johnny’s net オンライン(国内配信のみ)
        https://online.johnnys-net.jp/

 

配席について(2020.9.24更新)

本公演では、新型コロナウイルス等の感染症対策の一環として、前後左右1席空けた座席配置を予定しておりましたが、世田谷区の区主催イベントへの収容率制限が10月1日(木)より当面緩和されることに伴って世田谷パブリックシアター新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン改定を行い、販売席数を見直してチケットの発売を実施いたします。

世田谷パブリックシアターチケットセンターでは、これを受けて本公演の配席を見直した上で収容人数100%以下での追加席を設け、9月25日(金)アーツカード会員先行発売、9月26日(土)に一般発売を行います。

客席は100%以下の席数で販売をいたしますが、劇場ガイドラインに基づき、 舞台と客席の間は余裕を持った客席配置にしております。

 

すでにご購入されたお客様におかれまして、前後左右1席空けた座席配置ではなくなることへのご不安がある場合、下記の期間限定で払い戻しをいたします。
2020年9月25日(金)~10月9日(金)※払い戻しの受付は終了いたしました

 

何卒ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

転売行為の禁止について

営利を目的とした入場券の転売は、いかなる場合にも固くお断りいたします。
お客様に公平にチケットをご購入いただけますよう、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

過去の公演におきまして、転売されたチケットをお持ちのお客様にはご入場をお断りしたケースもございます。
今後もご本人確認を行うことがございます。その際、このような行為・チケットを確認した場合にはご入場をお断りさせていただきます。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当日会場にてご本人確認を行う場合もございます。
あらかじめご了承ください。

メディア情報

▼初日コメント、レビューなど
11/27(金) STAGE navi vol.50 公演レポート
11/27(金) Stage fan vol.10 公演レポート
11/27(金) BEST STAGE 1月号 公演レポート
11/16(月) 毎日新聞夕刊 劇評
11/14(土) ニュースソクラ 劇評
11/13(金) QLAP! 12月号 公演レポート
11/12(木) 仏教タイムス 劇評
11/12(木) 朝日新聞夕刊 劇評
10/29(木) TV LIFE 取材会コメント
10/29(木) ぴあニュース 取材会コメント
10/29(木) oggi 取材会コメント
10/28(水) 東京中日スポーツ 取材会コメント
10/28(水) 日刊スポーツ 取材会コメント
10/28(水) スポーツニッポン 取材会コメント
10/28(水) デイリースポーツ 取材会コメント
10/28(水) サンケイスポーツ 取材会コメント
10/28(水) スポーツ報知 取材会コメント
10/28(水) 読売新聞朝刊 取材会コメント
10/28(水) ステージナタリー 取材会コメント
10/28(水) SPICE 取材会コメント
10/28(水) ぴあ 取材会コメント
10/28(水) エンタメOVO 取材会コメント
10/28(水) ORICON NEWS 取材会コメント
10/28(水) マイナビニュース 取材会コメント
10/28(水) マイナビニュース 取材会コメント
10/7(水) 悲劇喜劇 『エレファント・マン』戯曲掲載

▼インタビュー
10/29(木) 上毛新聞 木場勝己 インタビュー
10/28(水) 愛媛新聞 木場勝己 インタビュー
10/28(水) 徳島新聞 木場勝己 インタビュー
10/27(火) 中國新聞 木場勝己 インタビュー
10/23(金) yomiDr. 久保田磨希 インタビュー(下)
10/21(水) FLIX 12月号 小瀧望 インタビュー
10/19(月) BARFOUT! 11月号 小瀧望 インタビュー
10/16(金) yomiDr. 久保田磨希 インタビュー(上) 
10/9(金) TVガイドPERSON vol.98 小瀧望 インタビュー
10/5(月) TVfan CROSS vol.36 小瀧望 インタビュー
10/1(木) STAGE navi vol.48 森新太郎 インタビュー
10/1(木) J Movie Magazine vol.63 小瀧望 インタビュー
9/26(土) BEST STAGE 11月号 小瀧望 インタビュー
9/26(土) Stage fan vol.9 小瀧望 インタビュー
9/23(水) SODA 11月号 小瀧望 インタビュー
9/15(火) QLAP! 10月号 小瀧望 インタビュー
9/12(土) プラスアクト 10月号 小瀧望 インタビュー
8/27(木) STAGE navi vol.47 小瀧望 インタビュー
8/27(木) BEST STAGE 10月号 小瀧望 インタビュー
8/27(木) STAGE SQUARE vol.46 森新太郎、小瀧望 インタビュー

舞台写真

no images were found

公演日程表

◆=撮影のため客席内にカメラが入ります。

観劇サポート

託児サービス

世田谷パブリックシアター、シアタートラムで行われる、前売入場券を販売する公演では基本的に託児サービスがございます。

料金 2,200円(1名につき)
対象 生後6ヶ月以上9歳未満
申込 03-5432-1526 世田谷パブリックシアター
ご利用希望日の3日前の正午まで受付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。また、障害のあるお子様についてはご相談ください。
委託 キッズルーム・てぃんかぁべる三茶