『デイ・イン・ザ・シアター ~はじめのいっぽ8月の残暑編~』1日限りの「演劇&劇場」体験ワークショップ

 

【7月デイ】SPT_DAY_logo_web_400

しっとりとした梅雨を抜け出して、待ちに待った夏がやってきた!
だけど、今年はいつもの夏とちょっと違うかも。
どこかに行きたい! どこにも行けない……。
何かしたい! 何が許されるの……?
どうにかしたい! どうにもならない…。
予定のないカレンダーをみながら、発散されないモヤモヤがたまってる方も多いかもしれません。

密閉、密集、密接回避。
手洗い、換気、距離をとる。
これらはもちろん続けていかなければなりません。
そんな状況で、「演劇ワークショップ」なんてできるの?と思われる方も多いでしょう。
演劇ワークショップは、人と人とが集い、互いに尊重し合うなかで頭と身体を使う場です。
そして劇場は、私たちの生活に寄り添う、誰にでもひらかれた広場です。
劇場が広場であり続け、誰しもが訪れやすい場であり続けるためにも、
いつもよりもぐっと少ない人数で、感染予防対策をしながら注意深く行います。

どこでもいいからどこかに行きたい、
こんな時だから何かをはじめてみたい、
週末に予定を入れてワクワクしてみたい、
稽古場に入ってみたい、ともかく誰かと話がしたい、
どんな方でも大歓迎です。演劇経験もいりません。

自分のための120分間。
残暑残暑の日盛りに、劇場の稽古場で夏の思い出をつくりましょう!

お申込み
中学生からおとなデイ
2020/8/30(日)10:30~12:30
日程 中学生からおとなデイ
2020/8/30(日)10:30~12:30 
進行役 青山公美嘉(NPO法人演劇百貨店)
進行役プロフィール 桐朋学園大学短期大学部演劇専攻にて演劇を学ぶ。1999年に渡英し、大道芸人として活動。
帰国後、NPO法人演劇百貨店のワークショップに進行スタッフとして参加。
2007年より都立若葉総合高校の演劇の授業を担当。兵庫県出身。ロマンチストな乙女座で、おおざっぱなO型。
夏が終わるその前に!みなさまのお越し心よりお待ちしております!
対象 中学生以上の方ならどなたでも
参加費 500円
場所 世田谷パブリックシアター稽古場
定員 10名 ※先着順に受付
持ち物 マスク ※ワークショップはマスク着用のまま行います。
室内履き ※土足厳禁のためご持参ください。
申し込み方法 以下の2つのお願い事項を確認の上、ご了承いただけた方は、
(1)デイ[8/30] (2)氏名(ふりがな) (3)住所 (4)電話番号  (5)年齢  (6)ワークショップや演劇経験の有無 (7)今回のワークショップを知ったきっかけ (8)ひとこと を書いて、郵送、またはファックス(03-5432-1559)、または劇場ホームページ申込みフォームよりお申込みください。
《郵送先》154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー5階 世田谷パブリックシアター「デイ」係

《申込みフォーム利用時のご注意》
・迷惑メール対策などで「アドレス指定受信」・「ドメイン指定受信」・「メールフィルター」など、インターネットメールの拒否設定を行っていると受信できないことがあります。
世田谷パブリックシアター (@setagaya-pt.jp)からのメールが受信できるよう、設定の変更をお願いします。

・自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが、世田谷パブリックシアター学芸(03-5432-1526)までお電話ください。
お願い事項① ・体調が悪い場合は無理をせずにおやすみください。
・来館時に検温をさせていただきます。37.5度以上の熱がある場合はご参加できません。
・稽古場に入る前に、手洗い、うがい、手指の消毒をお願いします。
・確実に連絡の取れる電話番号をお知らせください。
・新型コロナの状況に応じ、急に開催をキャンセルする場合があります。ご了承ください。
お願い事項② お申込みいただいた時点で、以下の項目に同意くださったものといたします。必ずご確認ください。
◆お申込み時にお預かりした個人情報は(公財)せたがや文化財団個人情報保護規定により管理いたします。
◆WS・レクチャー中に取材・撮影が入る場合やスタッフが写真・動画の撮影をする場合があります。撮影した写真・動画は、非営利目的の広報物・出版物・講演・展示等で使用いたします。
◆WS・レクチャー中の写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
◆お申込み時の必要事項は正確にご記入ください。
◆WS・レクチャー中にけがをされた際、主催者側に過失のある場合は加入している保険の範囲内で補償いたします。
◆WS・レクチャー中に他の参加者への迷惑行為などがあった場合はご退出いただく場合があります。
お問合せ 世田谷パブリックシアター学芸 03-5432-1526
備考 [主催] 公益財団法人せたがや文化財団
[企画制作] 世田谷パブリックシアター
[後援] 世田谷区