公演情報 2022.12.02

白井晃演出『ある馬の物語』2023年6~7月上演決定!

 

トルストイの名作を、世田谷パブリックシアター芸術監督・白井晃が現代に立ち上げる
2020年の公演中止を経て、『ある馬の物語』待望の上演決定!

 

世田谷パブリックシアターでは2023年6~7月、芸術監督・白井晃演出による『ある馬の物語』を上演いたします。本作は2020年6~7月で上演予定でしたが、折しもコロナ禍による第一回目の緊急事態宣言発令により当館も臨時閉館という事態となり、やむなく上演を断念した作品です。そしてこのたび、丁度3年という歳月を経て、ようやく上演が叶うこととなりました。

ロシアの文豪トルストイの小説(原題『ホルストメール』1886年刊行)を舞台化した『ある馬の物語』は、人間という愚かな生き物と思考する聡明な馬とを対比させ、人間のあくなき所有欲に焦点をあてながら、「この世に生を受けて生きる意味とは?」という普遍的なテーマを、詩情豊かにそしてストイックに問いかけてくる作品です。

1975年に本国ロシアで初演されて以降、国際的に評価の高いこの作品を、このたび白井晃が新演出で立ち上げます。

 

成河、別所哲也、小西遼生、音月桂ら
2020年公演のカンパニーメンバーが2023年へ向けて再集結

 

まだら模様に生まれついたばかりに不遇な運命をたどる馬役の成河
その馬の中に潜む才能を見出す公爵役の別所哲也
公爵や、まだら模様の馬の前に立ちはだかる美と若さの象徴ともいえる男性(牡馬)に小西遼生
そして彼らの運命を変えていくファムファタールともいうべき女性(牝馬)を音月桂が演じます。

また、大森博史小宮孝泰春海四方小柳友の個性あふれる魅力的な出演陣に、馬の群れをアグレッシブに形成する10名のキャストたち。総勢18名の出演者が、実力派のスタッフとともに、百数十年前のロシアのお話を現代の我々のお話として立ち上げていきます。

歌や身体表現もふんだんに取り入れながら、馬の目線で人々の生きざまを映し出す『ある馬の物語』、どうぞご期待ください。

 

『ある馬の物語』

【原作】 レフ・トルストイ
【脚本】マルク・ロゾフスキー
【音楽】マルク・ロゾフスキー 国広和毅
【詞】 ユーリー・リャシェンツェフ
【翻訳】堀江新二
【訳詞】白井晃 国広和毅

【演出】 白井晃

【美術】松井るみ
【照明】齋藤茂男
【音楽監督】国広和毅
【音響】井上正弘
【振付】山田うん
【衣装】伊藤佐智子
【ヘアメイク】川端富生
【アクション】渥美博
【演出助手】桐山知也
【舞台監督】大垣敏朗

【出演】
 成河 別所哲也 小西遼生 音月桂
 大森博史 小宮孝泰 春海四方 小柳友
 浅川文也 吉﨑裕哉 山口将太朗 天野勝仁 須田拓未
 穴田有里 山根海音 小林風花 永石千尋 熊澤沙穂

【演奏】小森慶子 ハラナツコ 村上大輔 上原弘子

【日程】 2023年6~7月  
【会場】世田谷パブリックシアター

【ツアー公演】兵庫公演:2023年7月 兵庫県立芸術文化センター

【お問合せ】世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515 https://setagaya-pt.jp/
【主催】公益財団法人せたがや文化財団 【企画制作】世田谷パブリックシアター 【後援】世田谷区

※詳細は随時劇場ホームページにてお知らせいたします