お知らせ 2022.03.08

「世田谷パブリックシアター開場25周年記念ポスター展」
4月27日(水)~5月25日(水)開催決定

 

厳選した約90点のポスターで、劇場の四半世紀を振り返る

1997年に開場した世田谷パブリックシアターは、2022年4月5日に25周年を迎えます。これを記念して「開場25周年記念ポスター展」を開催いたします。
世田谷パブリックシアター、シアタートラムの2つの劇場は、開場以来、創造発信型の公共劇場として、つねに新しい舞台芸術の可能性を探ってきました。 
本展では、上質な文化芸術を発信してきた四半世紀を振り返り、1997年4月5日の杮落とし公演から2022年3月までの主催公演より、厳選したポスター約90点をご紹介します。作品世界を豊かに表現したアートワークの数々を通して、劇場の25年の歩みをご覧ください。
これまで世田谷パブリックシアターの劇場ロビーで開催してきた展示を、今回はより多くの方々に楽しんでいただけるよう、キャロットタワー3Fの生活工房ギャラリーで行います。

 

▼一部展示作品のご紹介

(左上から)
・世田谷アートタウン2021関連企画 日仏国際共同制作ダンス公演 『ゴールドシャワー』(2021年)
・『マーキュリー・ファー Mercury Fur』(2022年)  
・『国盗人』 ― W.シェイクスピア「リチャード三世」より ―(2007年)
・世田谷パブリックシアター+コンプリシテ共同制作 『春琴』 ~ 谷崎潤一郎「春琴抄」「陰翳礼賛」より ~(2008年)
・音楽劇 『三文オペラ』(2007年)
・世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009 『キネマと恋人』(2019年)
・世田谷パブリックシアター開場記念公演 勅使川原三郎+KARAS 『Q』(1997年)
・現代能楽集I 『AOI/KOMACHI』(2003年)
・『AMERIKA』(2001年)
・二十一世紀舞踊/日仏国際共同制作公演 『遊*ASOBU』(2007年)

 


 

世田谷文化生活情報センター・生活工房も25周年を迎えます!

会場では、ポスター展示のほか、過去の主催公演のチラシや世田谷文化生活情報センター開館当時の貴重な資料の数々も展示します。ぜひ足をお運びください。

 

 

【会期】2022年4月27日(水)~5月25日(水) 9:00~21:00 月曜休み
【会場】生活工房(三軒茶屋キャロットタワー3階)
     154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 TEL 03-5432-1543
     https://www.setagaya-ldc.net/
【料金】入場無料

【主催】公益財団法人せたがや文化財団/世田谷パブリックシアター・生活工房
【企画協力】株式会社ポスターハリス・カンパニー
【協賛】世田谷パブリックシアター友の会