公演情報 2018.11.08

『青いプロペラ』イベント開催決定!

シアタートラム ネクスト・ジェネレーション vol.11 らまのだ『青いプロペラ』、
イベントの開催が決定いたしました!

<公演直前イベント>

〇稽古場見学会 11月17日(土)15:00~16:00(予定)/19:00~20:00(予定)

応募方法などの詳細はらまのだ公式HPをご確認ください。

 

<ポストイベント>

〇11月30日(金)14:00の回 終演後

スティールパンミニライブ

出演:実近友里恵 飯野顕 岩崎有美(STARS ON PAN)

stars on panアー写[14647]トリミング300

 

 

 

 

 

 

 

〇12月1日(土)17:00の回 終演後

ポストトーク

出演:瀬戸山美咲 森田あや 南出謙吾

setoyama_c

瀬戸山 美咲
劇作家・演出家

1977年、東京都生まれ。2001年、ミナモザを旗揚げ。2011年、シアタートラム ネクスト・ジェネレーションvol.3にて『エモーショナルレイバー』を上演。近年の作品に『ホットパーティクル』『指』『みえない雲』『Ten Commandments』など。2016年、『彼らの敵』で第23回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。劇団外の活動に『埒もなく汚れなく』『始まりのアンティゴネ』『わたし、と戦争』(ともに作・演出)、『グリーンマイル』(上演台本・演出)、『夜、ナク、鳥』『ジハード-Djihad-』(ともに演出)などがある。世田谷パブリックシアターのワークショップをはじめ、地域の人々とつくる演劇にも継続的に携わる。 NHK FMシアター『あいちゃんは幻』で第42回放送文化基金賞脚本賞受賞。『アズミ・ハルコは行方不明』、『リバーズ・エッジ』などの映画脚本も手がける。

 

〇12月2日(日)14:00の回 終演後

ポストトーク

出演:マキノノゾミ 森田あや 南出謙吾

setoyama_c

マキノノゾミ
劇作・脚本・演出・俳優

1959年生。1984年劇団M.O.P.を結成し、2010年の解散公演まで主宰を務める。1994年『MOTHER』で第45回芸術選奨文部大臣新人賞、1997年『東京原子核クラブ』で第49回読売文学賞、1998年『フユヒコ』で第5回読売演劇大賞優秀作品賞、2000年『高き彼物』で第4回鶴屋南北戯曲賞、『怒涛』で第8回読売演劇大賞優秀演出家賞・作品賞、2008年『殿様と私』で第15回読売演劇大賞優秀作品賞、など受賞暦多数。劇作、演出にとどまらず、NHK朝の連続テレビ小説「まんてん」他、テレビ作品も手がける。近年の演出作品では、2015年世田谷パブリックシアター主催公演現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』(作・演出)、2018年 グループる・ばる第24回公演『蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~』 (作:長田育恵)等多数。上演台本を手掛けた『魔界転生』(演出:堤幸彦)が上演中、出演するNHK-BSプレミアム 静岡発地域ドラマ『プラスティック・スマイル』が今冬放送を控えている。

 

※ポストトークは各開催回のチケットをお持ちの方がご参加いただけます。

らまのだ『青いプロペラ』公演ページはこちら