芸術監督・野村萬斎  撮影:渞忠之

芸術監督・野村萬斎  撮影:渞忠之


芸術監督 野村萬斎(のむらまんさい)

狂言師。2002年より世田谷パブリックシアター芸術監督。『まちがいの狂言』など狂言の技法を駆使した舞台や、『国盗人』など古典芸能と現代劇の融合を図った舞台を次々と手がけるほか、『マクベス』では全国各地、海外公演も果たした。自らの構成・演出作『敦─山月記・名人伝─』では朝日舞台芸術賞、紀伊國屋演劇賞を受賞。新演出を手がけた20周年記念公演『子午線の祀り』では読売演劇大賞 最優秀作品賞、毎日芸術賞 千田是也賞を受賞。東京2020オリンピック・パラリンピックの開閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターを務める。

より鮮明になる“多様な”世田谷カラー
共生社会は劇場から始まる

2020年度ラインアップリーフレットに掲載の世田谷パブリックシアター芸術監督 野村萬斎インタビューをお届けいたします。


 2020年度のラインアップから見えてくるのは、この劇場のカラーがより鮮明になったことです。それも一つの色に染まっているのではなく、“多様な”カラーを帯びているということではないでしょうか。

 平成から令和へと時代が移り、演劇界を俯瞰してみても、新たな局面を模索する過渡期から抜けつつあると実感しています。だからこそ、舞台芸術に今必要なことをもう一度取り戻す作業をしなくてはいけないと考えています。そのために私は常々、舞台に関わる全てのスタッフたちと「省みる劇場」の重要性を共有してきました。目指しているのは、劇場で何をやることが皆さまに求められているのかをしっかりと検証し、対話を重ね、開かれた場を築くことです。その過程において、世田谷パブリックシアターという“場”を通じて、皆さまと作品との出会いだけでなく、舞台人同士のボーダーレスな人的交流も活発になっていることを大変うれしく思っています。

 今回のラインアップは、アメリカを代表する手話演劇カンパニー、デフ・ウェスト・シアターの『オルフェ』で幕が開きます。個人的なことですが、私は東京2020オリンピック・パラリンピック開閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターを務める中で、“共生社会”により深い関心が高まりました。言葉だけではない世界を表現するデフ・シアター(手話演劇)はその可能性を広げ、皆さまに理解していただけるものと確信しています。

 新作の演劇では、この劇場でもおなじみの白井晃さんが、「生きることとは何か」という根源的テーマに迫る『ある馬の物語』を、また三好十郎の一人芝居『殺意 ストリップショウ』は栗山民也さん演出に鈴木杏さんがどう応えるかのがっぷり四つの組み合わせ。さらに、骨太な演出でますます評価を高めている森新太郎さんが加わる強力な布陣に新風を吹き込むのが、人気シリーズ「現代能楽集」の記念すべき10回目に登場する初の女性タッグです。気鋭の長田育恵さん(作)と、現代社会と正面から向き合う瀬戸山美咲さん(作・演出)が、能「道成寺」「隅田川」を題材に『幸福論』を展開します。二人が能を今日的にどう捉えるのか、そのイマジネーションの方向は興味深いものがあり、舞台が今から楽しみです。

 そして3年前に上演し、ご好評をいただいた『子午線の祀り』の再演。人間の歴史的因果を定めるのに、これだけ根幹的な作品はありません。現在の劇場の客席という座標軸が、1185年の壇ノ浦という座標軸に空間軸も時間軸もスライドして、その二つが重なるということの演劇的⾯⽩さを、群読を通して堪能していただけるはずです。ほかにも台湾とフランスの現代サーカスカンパニー、スロバキアの劇団、アメリカのダンスカンパニーを招聘する国際色あふれたラインアップに加え、毎年恒例の人気企画も新たなプログラムを追加するなど、いっそうパワーアップしてお届けします。

 このように上質な舞台芸術作品を上演するだけでなく、舞台芸術と地域を結びつける劇場の先駆者として、ワークショップやレクチャーなどの活動も着実に推進し、公演事業と普及啓発・人材養成事業が一体となった世田谷パブリックシアターを新たな決意でつくり上げてまいります。

 劇場が果たせる役割は何なのか―――私は、公共劇場は共生社会を実現するための場でもあると考えています。舞台芸術に触れ、ワークショップやレクチャーに参加する経験を通じて、私たちは因果によってここで共存し、それぞれが世田谷区の、さらにいえば地球の構成員だということを思い出します。そうした意識を持つことで共生社会は成り立ち、物語が生まれます。ぜひ、劇場にお運びください。共に物語を創造していきましょう。

[取材・文 佐藤優]

 

2020年度ラインアップ・リーフレットPDF
2019年度ラインアップ・リーフレットPDF
2018年度ラインアップ・リーフレットPDF
2017年度ラインアップ・リーフレットPDF
2016年度ラインアップ・リーフレットPDF
2015年度ラインアップ・リーフレットPDF